Pocket

先日、鬼怒川温泉の【あさやホテル】に行って来ました。

 

『あさやホテル』は、バイキングで有名なホテルです。

部屋の様子やバイキングの感想、

おすすめの観光スポットをまとめました。

 

Sponsored Link

【あさやホテル】とは?

【あさやホテル】は、栃木県日光市にある

創業明治21年という由緒ある5つ星の宿です。

 

「きぬがわ号」をネット予約してみた!予約方法や乗車券は?

で書きました「きぬがわ号」で行きました。

あさやホテル
住所 : 〒321-2598 栃木県日光市鬼怒川温泉滝813

 

【あさやホテル】のバイキングは和洋中100種類もあり、

『バイキングの宿大賞』にも選ばれたりと

有名なようです。

 

創業130年のホテルですが、ロビーに入ると

大きなシャンデリアが飾られた吹き抜けとなっています。

あさやホテル

受付は6階になるのですが、下を見下ろすと

パイプオルガンやソファセットなどがあります。

あさやホテル

エステやカラオケ、キッズスペース、ビリヤードなど

設備も充実しています。

 

鬼怒川温泉【あさやホテル】の詳細→

 

Sponsored Link

【あさやホテル】のお部屋は?

私たちは今回、『【禁煙】秀峰館和室渓谷側12畳』という

スタンダードなお部屋に宿泊しました。

 

部屋は、和室で12畳だったので少し広々していてよかったです。

あさやホテル

洗面所がトイレの近くとお風呂の近くで2箇所あったのも

便利がよかったです。

 

冷蔵庫は自由に使える用と、有料の飲み物が冷やしてある冷蔵庫の

2つありました。

 

お湯を沸かして飲むお茶も品揃えよく、

とくに昆布茶は粉ではなく、

本物の昆布だったのに驚きました。

あさやホテル 昆布茶

塩昆布のもう少し味が濃いバージョンという感じでした。

こちらは、おみやげ屋さんで売られていたので

試して気に入ったら買ってね、というスタンスですね。

 

お茶受けには、やはりおみやげ屋さんでも売られている

『きぬの清流』というお菓子が置いてありました。

私はあまり好みではないものでしたが、

おみやげランキング5位以内に入ってました。

 

【あさやホテル】のお風呂の感想!

ついてまずお風呂に行きました。

屋上にある『空中庭園露天風呂』です。

 

目の前に禿山がそびえてて

すぐに登れそうな錯覚になるほど近くに見えました。

 

食事後、またお風呂へ。

今度は一階のお風呂です。

こちらはライトがつくジャグジーとかあったのですが、

娘は怖がってすぐに出ました。

 

朝も屋上のお風呂に入りました。

昨日とは男女入れ替えになっていて、

今回は船のお風呂がありました。

空中風呂
出典:http://www.asaya-hotel.co.jp/

朝から雪がちらついていて、めちゃくちゃ寒くて

お風呂に浸かるまでの道のりが遠く感じました。

 

寒い寒いと言いながら、

あったかい露天風呂に入ったのですが、

これもなかなか良い思い出です。

娘と今もたまに思い出して「寒かったけど、楽しかったね〜」

と言っています。(´∀`*)

 

【あさやホテル】のバイキングの感想!

食事は早め(多分17:00くらい)に行きました。

 

バイキングはどれを取れば良いか迷うくらいありました。

何と言っても100種類もありますからね。

 

私が美味しかったのは、定番ですが”海老のてんぷら”です。

エビは小さめですが、衣がさくさくして揚げたてで美味しかったです。

 

舞茸のてんぷらもありましたが、

お昼に別のお店で食べた舞茸のてんぷらが美味しすぎて、

差を感じてしまいました。

ちょっと衣が厚く、べちゃっとなってる気がしました。

 

刺身は甘海老、まぐろ、カンパチが豪華に盛られていました。

甘エビ

マグロ

カンパチ

甘エビは、ちょっと水っぽくて、

すごく好きなんだけど、1つしか食べませんでした。

 

”すきやき”などの一人鍋セットもありました。

鍋

 

ちなみに↓は私が1回目に取ってきた食べ物です。

バイキング

 

デザートも豊富で、お腹いっぱい気味でしたが、

やっぱり何個も食べました。

小ぶりで可愛いので、ついついたくさん取っちゃうんですよね。

どれも美味しかったです。

デザート

珍しかったのは、↓の写真の右下の赤い物体です。

”ヤマモモ”というもので、赤いつぶつぶの集合体のような形をしています。

私は初めて見ましたし食べました。

甘酸っぱくて美味しかったです。

デザート

フルーツもたくさんありました。

イチゴは”とちおとめ”でした。

フルーツ

 

新しくピザ釜ができて、焼きたてピザもありましたが、

ピザはどこで食べても一緒だからか?

あまり人気がない感じでした。

 

後悔したのは”塩焼き鮎”を食べるのを忘れていたことです。

写真を撮るのも忘れてました〜(;´Д`)

 

地のものは食べておきたい主義なのに〜残念です。

湯葉はあって食べましたが、やはり美味しかったです。

 

朝食のバイキングの感想

朝の和洋60種類のバイキングで盛りだくさんでした。

 

具材を好きなもの5種類選んで、

その場で作ってくれるオムレツは最高においしかったです。

あさやホテル朝食

ドレッシングがたくさんのサラダも人気のようでした。

 

ただ残念だったのは、エッグベネディクトが美味しくなかった。。(´ε`;)

パンは固く、卵は水っぽく旨味がなく、ソースも美味しくないという。。

このレベルだったら全体の印象を下げてしまうので、

置かないほうが良いと思いました。

エッグベネディクト、好きなので期待値も大きかった分、

残念な気持ちも大きいです。

あさやホテル朝食

ワッフルも焼いてくれる人はいるのですが、

焼きたてではなく作り置き状態になっていたので

ちょっと硬めだったかな。。

「焼きたてをください」と言えば良かったかも。

 

フレンチトーストは美味しかったです。

 

バイキングの質からいうと、私的には、

エピナール那須の方が良かったかな。

旦那はあさやホテルとエピナールでは

どちらも同じくらい美味しかったそうです。

(エッグベネディクトはイマイチらしいですが)

 

ホテルの従業員の方は、とても感じがよく、

部屋やホテルに清潔感もあり、

高級そうな雛人形もあらゆるところにたくさん飾られていて、

とても豪華な印象を受けました。

 

温泉も質がよく、布団に入っても体がポカポカしていました。

 

お土産やさんも品揃えが充実していました。

駅前にもあさやホテル直営のお土産やさんがあるので、

便利がいい方で購入するといいですね。

 

鬼怒川温泉【あさやホテル】の詳細→

 

鬼怒川温泉は足湯もオススメ!

鬼怒川温泉で観光という観光はできなかったのですが、

駅に足湯があってだれでも無料で利用できるので、

2回も入っちゃいました。

足湯

 

外がすっごく寒かったのですが、

いつ入っても熱めのお湯で、外が寒くても

足からポカポカしてきます。

足の血管がドクドクと激しく脈打ち、

全身をあったまった血液が駆け巡る感じです。

足湯

初の足湯でしたが、あまりの気持ちよさに虜になってしまいました。

ちなみに足拭き用のタオルなどはないので、自分のタオルやハンカチが必要です。

 

その後、少し駅から離れているのですが、

帰りの電車まで時間があったので、

ホテルサンシャイン鬼怒川内にある【エスポ】という

足湯カフェに行きました。

足湯カフェ

 

こちらはワンオーダー制ですが、足拭き用のタオルがあります。

 

こちらは駅の足湯ほど熱くはないのですが、

お湯が冷めてきたな〜、というくらいにお湯が温まり始めたので、

寒くはなく、やはり足元からポカポカでした。

お湯に葉っぱとか落ちてて、お湯は駅前の方が綺麗でした。

足湯カフェ

娘は”クリミア”というラングドシャ生地の濃厚ソフトクリーム、

(池袋でも食べて娘のお気に入り)

旦那はコーヒー、私はミルクで一服。

ほんとはミルクティーを頼んだのですが、なぜかあったかい牛乳キター;;

なぜここまで来て牛乳の膜をすすっているのか(;・∀・)

と思いつつも、景色も良くてゆっくりできました。

足湯カフェ

 

オススメ観光スポット!

その後、その足湯カフェから見えてて気になっていた

吊橋に行きました。

”鬼怒立岩大吊橋”というらしいです。

吊橋

その吊橋を人が結構歩いてて、渡りきった何処かに行って

戻ってきているようでした。

どうも吊橋の先に、”楯岩”という名所があり、

別名「子宝岩」と呼ばれ、

縁結びや子宝のご利益があるのだそうです。

 

私は吊橋の中ほどにある円形の眺望が楽しめるような場所までしか

行きませんでしたが、

娘と旦那は端から端まで行って初めての吊橋を楽しんでました。

 

初めての吊橋で風が吹いたり、人が歩いてると結構揺れて

怖さもありましたが、なかなか面白かったです。

吊橋

吊橋に行こうと思ったわけではなく、足湯カフェから

偶然たどり着いたわけですが、

鬼怒川の清流と渓谷の景色も良く、

なかなかオススメの観光スポットだな、

と思いました。

 

Sponsored Link