Pocket

ブルーインパルスJr.
出典:http://headlines.yahoo.co.jp/

ブルーインパルスJrって知っていますか?

ジャニーズJrではありませんよ。^^

 

ブルーインパルスJrとは、

あのアクロバット飛行隊ブルーインパルスの弟分です。

といっても、飛行機ではなく、なんとミニスクーターなんです。

 

Sponsored Link

 「ブルーインパルスJr.」スクーター版が展示走行!

9月24日、航空自衛隊のアクロバット飛行隊「ブルーインパルス」の

スクーター版「ブルーインパルスJr.」が

東京都新宿区にある防衛省の儀仗(ぎじょう)広場で展示走行を披露しました。

 

ジャニーズJrではないほうのこのJr.は、

ブルーインパルスの所属する宮城県松島基地の基地祭を盛り上げるため、

自衛官によるクラブ活動として平成5年に結成されました。

 

2011年3月の東日本大震災のとき、

ブルーインパルス(兄貴分)飛行隊は、

当時基地を離れていたため被害はなかったのですが、

弟分のJrは水没し、全6機が走行不能になったのですが、

このほど4機で復活走行を果たしました。

 

ブルーインパルスJr小型三輪スクーターの華麗な走りをご覧ください。

 

ブルーインパルス兄貴同様の息の合った編隊走行を見せる

「ブルーインパルスJr」が再び人気が上がりそうですね。

 

Sponsored Link

ブルーインパルスJr.「BIJ」とは?

「BIJ」は、航空自衛隊松島基地に所属するチームで、

エンジン整備士らによる部活動という位置づけになっています。

 

日本各地の航空祭や基地祭などで、

飛行展示の合間などに地上滑走による

アクロバット的な曲技走行を披露しています。

 

このチームの装備は、なんと原付バイクで

T-4ジェット練習機を模した外装になっています。

昔流行ったタマゴ飛行機みたいな形なのが、

ユーモラスで可愛いですね。

 

原型は原付バイクなのですが、

ブルーインパルスの尾翼やピトー管なども

リアルでなかなか凝った造りになっています。

 

2007年より三輪バイクを使った新型機にチェンジしましたが、

初代の機体の体型を見たいというファンも多いようです。

 

T-4ジュニアはこちら⇒
男の子だけでなく大人も楽しめるように、

模型メーカーのハセガワから、

前バージョンの「T-4ジュニア」を3機セットにした

プラスチック・モデルキットも発売されています。

カッコかわいいという表現がぴったりだと思いませんか?

http://www.ms-plus.com/17606

 

ブルーインパルスの兄貴も人気がありますが、

ジュニアも日本各地のイベントにも参加して

「ゆるキャラ」風のユーモラスな姿が人気です。

 

また「兄貴」は、天候次第で演技中止になることもありますが、

地上演技のジュニアは「めったに中止にならない」ところが強みですね。

 

ブルーインパルスJr.について詳しくはこちら
http://rekigun.net/original/visual/blue_jr/

 

ブルーインパルスを航空ショーで見る方法

ブルーインパルス(兄貴の方)の航空ショーは、

航空自衛隊の航空祭で見ることができます。

 

今年も10月以降に航空祭が予定されていますので、

これからでもまだまだ航空ショーが見られます。

 

ブルーインパルスが見られる航空祭は、下記のとおりです。

 

平成26年度 ブルーインパルス・イベントスケジュール
http://www.mod.go.jp/asdf/pr_report/blueimpulse/schedule/

 

ブルーインパルスの航空ショーで注意すること

各地の航空祭はいつも多くの人が押し寄せますので、

早朝のうち駐車場の入るための長い車列ができます。

 

駐車場の開門前であれば、その最後尾に付くことになりますので、

車で行く人は早めに到着することをおすすめします。

 

ブルーインパルスを見たいのであれば、

午前中の早くにはに基地に到着するスケジュールを立てましょう。

 

ブルーインパルスの航空ショーは、

例年午後に飛行しますが、その時点で車は入れません。

 

また、天候が悪ければ、ブルーインパルスも含めて

一切の飛行が中止されることもありますので、

当日の天気情報を見ていくことも大事です。

 

トイレは仮設トイレになっていますが、

順番待ちで長い行列ができることもあります。

 

ブルーインパルスの航空ショーの必需品

基地によってはシャトルバスなどが運用されるところもありますが、

基地内はかなりの範囲を歩きますので、

はき慣れた動きやすい靴がおすすめです。

 

あとは、折り畳み傘又は雨合羽など

かさばらない物を持っていると安心です。

 

飲食店などの屋台も出店していますが、

驚くほど込み合いますので、おにぎりやサンドイッチなどの

軽い食事や飲み物も用意しておきましょう。

 

暑い時期は熱中症予防のため水分はとても大切になります。

 

航空ショーに持っていくと便利で楽しいアイテムが、

デジタルカメラ、ビデオカメラです。

この際、フィルム、メモリーカード、

充電を忘れないようにしておきましょう。

 

そして、双眼鏡があると迫力あるシーンを

見ることができますので楽しめますよ。

 

はじめていく人は、その規模の大きさに驚くと思いますので、

時間的にゆとりを持って準備をしっかりしておくことをおすすめします。

 

華麗な飛行を見せるブルーインパルスの勇姿
http://photo.sankei.jp.msn.com/essay/data/2014/05/30blueimpulse/

 

Sponsored Link