Pocket

皆既月食と夜桜
出典:grapee.jp

4月4日の夜、

皆既月食と夜桜

奇跡のコラボを果たします。

 

ピンクの桜と赤い月という

どこか妖しげな雰囲気が素敵です。

 

なんとしても見たいこのコラボが

見れる時間帯や方法などをまとめました。

 

Sponsored Link

皆既月食と夜桜が奇跡のコラボの理由は?

皆既月食と夜桜のコラボ実現が

奇跡と言われる理由は、なんと196年ぶりの光景だからです。

 

前回、皆既月食と夜桜が同時に見られた一番可能性が高いのは、

1978年3月25日だったのではないかということです。

 

が、この時は東京の桜の開花日は3月31日だったと言われているので、

桜とのコラボレーションは出来ていなかったのではないかと思われます。

 

さらにそのまた前回となると、なんと1819年4月10日の江戸時代で

196年前まで遡らなければいけません。

 

皆既月食と夜桜のコラボが196年ぶりに見られるということですので、

かなり貴重なのです。

 

とにかく大変貴重な光景となるのです!

 

Sponsored Link

皆既月食が見れる時間帯は?

皆既月食が見える時間帯は、下記のようになっています。

 

皆既月食(東京での見え方)

(国立天文台 天文情報センター)

19時15分 欠け始める

20時54分 皆既食の始め

21時6分 皆既食の終わり

22時45分 満月に戻る

 

赤い月は、20:54から21:06の間の

わずか12分間しか見られないので、

かなり貴重なものなのです。

 

月の見える方角は、東から南東へと移動していきます。

 

4月4日の天気は?

4月2日までは、4月4日は雨の予報だったのですが、

4月3日現在は、少し晴れ間が出そうな予測になってきました。

 

関東から北陸はすっきり晴れるというのは難しいのですが、

雲間から見える可能性というのは結構高いようです。

 

北日本はバッチリ見えるそうです。

 

関東から山梨、福島県は、桜が開花しましたので、

皆既月食と夜桜のコラボはチャンスありです。

 

まさに東京は桜が満開状態になっていますので、

(今日の嵐のような風で結構散り始めてますが)

絶好のタイミングなのです。

 

西日本は天気が難しそうですが、天気予報は変わりますので、

諦めずに待ちましょう。

 

皆既月食とは?

ちなみに、皆既月食は、

太陽光による地球の影の中に月がすっぽりと入ることで、

満月が欠けていくように見える現象のことです。

 

皆既月食では、月全体が地球の影に入りますが、

真っ黒になるわけではなく、地球の大気により、

太陽光が屈折・散乱され、赤系の光が月に届き、

赤銅色に見えます。

 

が、その色はいつも同じではなく、

皆既月食ごとに変化するのだそうです。

 

皆既月食を見る方法は?

今回の天体ショーは、肉眼で見えるようですが、

双眼鏡や望遠鏡などがあると

月の色の変化など、よりよく見えますね。

 

次回、皆既月食と夜桜のコラボが見れるのは、

2032年になるようですので、

今回の天体ショーは見逃せません。

 

天気が悪くて見れない、という方も

ガッカリしないでください。

 

Youtubeで皆で皆既月食を楽しむことが出来ますよ。

 

皆既月食をみんなで見よう!⇒

 

国立天文台三鷹キャンパスから、部分食の始めから終わりまでの

なんと約4時­間を中継する予定だそうです。

 

特に 20:54から21:06は、注目ですね!

 

皆で楽しく、美しい「月食花見」を楽しみましょう。

 

全国のカメラマンさんが、奇跡のコラボを撮影した写真が

ネットに上がってくるのも楽しみです☆

 

こちらもあわせて読みたい

 

Sponsored Link