Pocket

首里城10月2日、映画『カノン』の公開記念舞台挨拶で

比嘉愛未琉球王朝の末裔だったことを

告白しました。

 

琉球王朝の家紋が家にあったことから

発覚したとか。

琉球王朝の家紋ってどういうものなのか

気になり調べてみました。

 

Sponsored Link

比嘉愛未は琉球王朝の末裔?

比嘉愛未は、映画の舞台挨拶の際、

「家族から聞いてびっくりしたことは?」

という質問に、

「最近(地元の)沖縄に帰った時に、

101歳のひいおばあちゃんから

『ウチは、琉球王朝の末えいだったんだよ』と言われました」

と明かした。

出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160930-00000364-oric-ent

 

家の額縁に不思議な紋章が掲げられており、

それを不思議に思った比嘉愛未が

「あれ何?」

と聞いたところ、そういった返答があったのだそうです。

 

スゴイ事実ですよね。

王家の血筋を引いているなんて。

 

比嘉愛未は上品な顔ですし、

王家の血を引いていると言われても

なんだか納得です。

 

琉球王朝が存続していたら、

すごい美人なお姫様になっていたのでしょうね〜

 

Sponsored Link

琉球王朝とは?

琉球王国は、1429年〜1879年の450年間、

沖縄を中心に存在した王国です。

 

正式には、琉球國(りゅうきゅうこく)

<沖縄語では、ルーチュークク>

と言ったそうです。

 

かなりの長い期間存在していた王国ですね。

 

沖縄が独自の文化や言語などを

発展させていたのもうなずけます。

 

琉球王朝の家紋は?

王家の紋章は、左三巴紋で「左御紋(ひだりごもん)」と

呼ばれました。

琉球王家の家紋
出典:http://kaiunmanzoku.hatenablog.com/entry/2015/06/22/113636

 

この家紋は、神社で多く使われたり、

武将の家紋でもあったりするみたいです。

 

仲間由紀恵のブログ(現在は閉鎖されている)での記事が

”沖縄独立論者”としての発言が多く、

公安にマークされているなどの記事を

以前読んだことがあります。

仲間由紀恵を琉球国王にしたいと思う人もいるとか

いないとか。

 

比嘉愛未が琉球王朝の末裔と明らかになったからには、

琉球国王は比嘉愛未ということになるのでしょうか?

で、仲間由紀恵はまさにドラマで演じた『テンペスト』のように

琉球王朝を支えるとか?

GACKTも出演した『テンペスト』おもしろかったです)

 

どちらにしても美しく華やかな話ですね。

Sponsored Link