Pocket

福島県沖で地震2016年11月22日5時59分に

福島県などで震度5弱の地震が発生しました。

マグニチュードは7.4です。

 

津波警報・津波注意報が発生中です。

沿岸部や川沿いにいる方は、

高台や安全な場所へ避難するよう

テレビやラジオで呼びかけています。

 

Sponsored Link

福島などで津波警報・津波注意報発生中!

福島県沖で地震が発生しました。

震度5弱です。

地震情報
出典:気象庁

 

6:19現在、福島県では津波警報が発生しています。

津波は『すぐ来る』となっています。

福島県では3mの津波警報です。

 

3mは人の背丈の倍です。

津波は予想より高い場合があります。

津波は何度も押し寄せる可能性があります。

 

沿岸部や川の近くの方は今すぐ逃げて下さい。

 

時間が経過しても油断しないようにしましょう。

 

宮城県、茨城県、岩手県、千葉県九十九里・外房では

津波注意報が出ています。

津波到達時刻は6:20〜30分です。

津波警報・津波注意報
出典:気象庁

東日本大震災を思い出し、

とにかく海岸から離れた高い場所へ逃げてください。

 

寒いので防寒対策をして逃げてください。

周りの人に津波警報が出ていることを

教えながら逃げてください。

 

6:40現在、沖合で津波が観測されました。

沿岸に津波が押し寄せます。

急いで逃げて下さい。

 

引き波での津波が観測されています。

引き波は潮位が一旦下がる現象です。

引き波が起きると高い津波が押し寄せる可能性があります。

このあと沿岸に津波が押し寄せます。

急いで逃げてください。

海の様子を見に行ってはいけません。

警報が解除されるまで安全な場所から離れないようにしてください。

 

観測された津波

  • 8:03 仙台港 1m40cm
  • 7:06 相馬港 90cm
  • 7:37 久慈港 80cm
  • 7:39 石巻鮎港 80cm
  • 6:49 小名浜港 60cm
  • 7:08 大洗港 50cm
  • 7:08 大船渡港 40cm
  • 7:03 勝浦 30cm
  • 7:14 館山 30cm
  • 7:19 宮古湾 30cm
  • 7:22 八丈島八重根 30cm
  • 7:15 釜石港 20cm

 

津波は、30cmで人は歩けません。

2mでは木造家屋が全壊します。

油断してはいけません。

 

Sponsored Link

地震の原発への影響は?

震度4を観測した茨城県東海村の東海第2原子力発電所

異常はありません。

 

東京電力によると、

福島第一原子力発電所

原子炉の注水や圧力に異常は見られません。

放射線量のモニタリングポストの変化は見られません。

 

女川原子力発電所も地震による設備への影響はないということです。

 

6:10頃、水のタンクが低下したことを知らせる警報が鳴り、

福島第二原発の3号機の使用済み燃料プール冷却装置が停止しています。

現在の温度は今28.7度なので、運転制限の65度までにはまだ達していません。

1時間当たり0.2度ずつ上昇していくということで、

猶予は一週間程度あるということです。

東京電力は、1,2時間程度で冷却ができるように対応しています。

 

7:59 ポンプ再起動で冷却再開しました。1時間半ぶりです。

 

8:10 宮城県にも津波警報が追加されました。

ただちに避難してください。

 

津波警報から津波注意報となりましたが、

引き続き、警戒はつづけたほうがいいようです。

海には近づかないようにしましょう。

注意報でも1m程度の津波注意です。

 

今後一週間ほどは余震の可能性があります。

 

「ポケモンGO」の復興支援イベントは中止!

岩手・宮城・福島県の沿岸限定で

「ポケモンGO」の復興支援イベントが予定されていましたが

中止となりました。

「ラプラス」が出現予定だったようです。

 

追記:

今回の地震は周期的にも規模も”福島県東方沖地震”に酷似!

今回の地震は、東日本大震災の余震のようですが、

過去に起きた地震に酷似している部分があります。

 

・昭和三陸地震

1933年3月3日 M8.1(本震)

↓ 5年後

・福島県東方沖地震(余震)

1938年11月5日 M7.3

1938年11月5日 M7.5

1938年11月6日 M7.4

 

・東日本大震災

2011年3月11日 M9(本震)

↓ 5年後

・今日

2016年11月22日 M7.4(余震)

 

5年という周期、3月に本震、11月に余震、

マグニチュードの大きさも

1933年の昭和三陸地震と1938年の福島県東方沖地震と

酷似しているのが不気味です。

 

明日も気をつけましょう!(>□<;)

 

家族との連絡方法の再チェックや、

防災グッズ、水・食料を常に確保しておきましょう。

Sponsored Link