Pocket

iq249織田裕二が9年ぶりにドラマを主演することがわかりました。

タイトルは【IQ246~華麗なる事件簿~】

 

織田裕二、なにげに今放送されている家のCMも面白いですし、

久々のドラマ主演が今からとっても楽しみです♪

 

気になるのはキャストとあらすじです。

ディーン・フジオカは織田裕二の執事役として

共演のようです。

 

キャストやあらすじをまとめました。

 

Sponsored Link

【IQ246~華麗なる事件簿~】のキャストは?

【IQ246~華麗なる事件簿~】のキャスト

以下のようになっています。

 

法門寺沙羅駆(ほうもんじしゃらく) : 織田裕二

和藤奏子(わとうそうこ) : 土屋太鳳

89代目 賢正(けんせい) : ディーン・フジオカ

森本朋美(もりもとともみ) : 中谷美紀

 

今までの役柄から、ちょっと粗暴なイメージの織田裕二が

天才役ということで、どんな風に演じるのか気になりますね。

 

また、非常に気になるというか、早く見たい〜!

というのが、執事役のディーン・フジオカです。

どうも役柄的にメガネをかけているようですが、

その姿が本当に知的でスマートで素敵すぎなんですけど〜!!

早く動く姿を見たいです。

織田裕二にどのように仕えているのでしょうね。

 

Sponsored Link

【IQ246~華麗なる事件簿~】のあらすじは?

【IQ246~華麗なる事件簿~】のあらすじは

以下となります。

 

北鎌倉にある名家の法門寺家は犯罪研究に力を入れてきた家系で、

長男は代々IQ246が遺伝している。

法門寺家の89代目当主の沙羅駆(織田裕二)も

やはりIQ246の天才だが、常に暇を持て余していた。

 

そんなある日、警視庁の刑事である和藤奏子(土屋太鳳)が

法門寺家当主の護衛に配属される。

初めて奏子(土屋太鳳)が法門寺家を訪れた時、

出迎えたのは、法門寺家に代々仕える執事の

89代目・賢正(ディーン・フジオカ)だった。

 

暇に耐えかねた沙羅駆は、タクシーで家を抜け出し、

偶然事件現場に出くわし、犯行の手口などを言い当てるが、

無銭乗車で連行されてしまう。

 

が、国家的機密事項である法門寺家ということで、

すぐに自由の身となる。

 

その頃、法医学専門医 監察医の森井朋美(中谷美紀)は、

遺体を検分し、沙羅駆が全く同じ見立てをしたことに興味を抱く。

 

というような内容です。

特異な才能を持て余した主人公が殺人事件などを

解明していく、という話のようです。

 

キャラクターが個性的なので、

殺人事件の内容はともかく楽しめそうですね。

 

Sponsored Link