Pocket

柴咲コウ
出典:matome.naver.jp

柴咲コウ主演ドラマ『○○妻』

が、視聴率も好調で人気のようですね。

 

謎を含んだ展開と、東山のコミカルな演技、

柴咲コウの陰のある役など、

いろいろ見所がありますよね。

 

第2話以降のあらすじや視聴率を

まとめてみました。

 

Sponsored Link

『○○妻』の第2話のネタバレあらすじと視聴率!

『○○妻』の2話では、正純がひかりとの契約を更新しないため、

ひかりが家を出て行ってしまったところから始まりました。

 

家を出てから、ひかりはカプセルホテルで過ごしていました。

 

ひかりは、正純に

「私と契約してもいいって人が…」

と、タクシーの運転手(太川陽介)を紹介します。

 

後に正純が知ったのは、実は、このタクシーの運転手は、

ひかりと同じカプセルホテルで、顔見知りになった人で、

ひかりが正純と仲直りしたいからと、契約結婚をしてもいい、と

正純に芝居をしてもらうように頼んだ人だったのでした。

 

かたくなに契約結婚にこだわり、

「男の人は変わるから」と言うひかりに、

正純 : もしかして、結婚したことあるのか?

ひかり : 一生、愛を誓い合った人が。

と告白します。

 

ひかり(柴咲コウ)には、実は、

過去に愛を誓い合った人がいたことがわかりました。

 

ひかりが子供を作らない理由は、

「私はあなたのことしか関心がないの。

子供をちゃんと育てる自信がないの。

そんな母親に育てられたら子供が可哀想でしょ。

私はこういう生き方しかできないの。」

と、言っていました。

 

「貴方がどうしても普通の結婚がしたいって言うなら、諦めます」

と言うひかりに、正純は、

「お前が思うよりずっと立派な男になって

お前の方から籍入れさせてくれって土下座させてやるよ」

と、契約更新をすることにしたのでした。

 

いつものひかりの気配りが行き届いた生活が戻ってきたことに、

正純は安堵し、ひかりを後ろから抱きしめて微笑むのですが、

ひかりは無表情で何かを思うのでした。

 

『○○妻』の第2話の視聴率は?

第2話の視聴率は、15.2%でした。

初回が14.4%でしたので、視聴率は1%近く上がり、

なかなか好調です。

 

2話で私が驚いたのは、ひかりが意外に正純に固執していることです。

 

契約、契約と言っていたので、契約をしない男(正純)は

必要ないのかと第2話の途中までは思っていましたが、

タクシーの運転手まで使って、正純に契約をさせようとしていたということが

驚きです。

 

なんだかんだいって、ひかりも正純でないとダメなのではないでしょうか?

 

3話以降も後日、追記していきます。

 

こちらもあわせて読みたい

 

Sponsored Link