Pocket

水信玄餅
出典:matome.naver.jp

まるで大きな水滴のような

透明でふるっふるの水信玄餅

 

見ているだけで触ってみたくなる

この神秘的とも言える水信玄餅が

6月から解禁です!

 

まさに夏の風物詩

 

一度は食してみたい衝動にかられる

水信玄餅の購入方法や作り方をまとめました。

 

 

Sponsored Link

水信玄餅とは?

水信玄餅は、山梨県内でしか食べることができないという

まさに幻の和菓子なのです。

 

限りなく水に近い固形物とでもいいましょうか。

見た目、とっても涼やかでまさに夏にぴったりですよね。

 

ちなみに、水信玄餅の読み方は(みずしんげんもち)のようです。

 

水信玄餅は、水を食べる、という発想で生まれたそうで、

食べると”ぱしゃっ”と水になる食感らしいです。

なんだか不思議な食感ですね〜。

 

でも切り分けても崩れないのだそうです。

謎です。

 

水信玄餅は、水と砂糖を寒天のみで固めたまさに

水のゼリー。

きな粉と黒蜜をかけて食べるそうです。

この食べ方は、普通の信玄餅と同じですね。

 

水信玄餅で大切な水は、南アルプスの水を使用しているそうです。

サントリーで有名な白州町の天然水だそうです。

 

水も味が違いますからね。

美味しい水で作った水信玄餅はより美味しそうです。

 

私はまず一口目は何もかけずに食べてみたいですね。

水のゼリー、味わってみたいです。

 

Sponsored Link

水信玄餅の購入方法!価格は?

水信玄餅の購入方法ですが、販売しているのは、

山梨県内の金精軒というお店です。

地図でいうと↓のあたりです。

金精軒
出典:Googlemap

 

住所:山梨県北杜市白州町台ヶ原2211

 

金精軒 韮崎店でも水信玄餅を食べることができるそうです。

住所: 山梨県韮崎市中田町小田川154番地

 

水信玄餅は、運搬や日持ちという点は一切考慮せず作られており、

持ち帰りや通販はできないのです。

 

その柔らかさは、車で運ぶと振動で崩れてしまうほどだそうです。

 

ですので、お店に行き、すぐに食べる必要があります。

 

常温で30分ほどで水分が出て行くそうなので、

本当にすぐ食べないとダメですね。

 

水信玄餅は毎年6月〜9月末までの期間限定で、

土日のみの販売です。

ですので、本日(2015年6月1日)が水信玄餅が解禁!となるわけです。

(が、販売は土日のみで販売初日は2015年6月6日(土)からなのでお気をつけください)

 

水信玄餅の解禁を待ちわびている人、

食べに行こうと予定を立てている人などいるのではないでしょうか。

 

ただ、遠くから行っても売り切れてしまう場合があるそうなのですが、

製造を手仕事で行っているということですので、

仕方がないですね。

 

が、金精軒には水信玄餅以外にも美味しい和菓子がいろいろありますので、

水信玄餅を食べられても食べられなくても

お土産に買って帰るのがいいかもしれませんね。

 

ちなみに、水信玄餅の値段は300円らしいです。

(値上がりなどしてたらすみません)

 

水信玄餅の作り方は?

ぜひ水信玄餅を食べてみたいのですが、

山梨でしか食べられないというのが

少しハードルが高いですね。

 

そこで、手作りをしよう、という方もいて、

レシピが公開されています。

 

もちろん金精軒のレシピは非公開なので、

独自にレシピを考えられているようです。

 

使用している素材は違えど、

再現力はすごいです。

 

水信玄餅のレシピ

↑のレシピだと意外に簡単に作れるようなので、

チャレンジしてみるのもいいかもしれません。

↑のぷよぷよのアイストレーなどで作ると可愛いかもしれませんね。

 

水信玄餅のネット上の反響!

 


水をゼリーにしてしまうという

まさに日本の海外に誇れるスイーツですね。

 

追記(2016年6月10日):

2016年の水信玄餅の解禁日は6月4日からで

やはり土日のみの販売となっています。

 

こちらもあわせて読みたい

Sponsored Link