Pocket

能年玲奈独特の魅力を振りまき、見ている人を

あっという間に虜にする能年玲奈

 

おっとりとして、でも演技派というギャップも

面白く、個性的な女優です。

 

気になる能年玲奈の生ゴミ生活や

マイブームに迫ってみたいと思います。

 

Sponsored Link

能年玲奈のプロフィールは?

本名:能年 玲奈(のうねん れな)

生年月日:1993年7月13日(21歳)

出身地:兵庫県神崎郡

身長:162cm

職業:女優、ファッションモデル

趣味:ギター・読書・アニメ鑑賞

特技:絵を描くこと

 

芸能界へ入るきっかけと周りの反応は?

NHKの朝ドラ「あまちゃん」

「じぇじぇじぇ!」という流行語まで生み出し、

すごい勢いで世間を巻き込むほどの

あまゃんブームの中心的存在となり、

大ブレークを果たした能年玲奈

 

中学生の時、自分で応募した第10回ニコラオーディションで

グランプリを獲得し、モデルの仲間入りを果たしました。

 

その後、女優としてデビューし、

「あまちゃん」はじめ、8月16日に公開予定の映画「ホットロード」

主演するなど、目覚しい活躍を続けています。

 

そんな能年玲奈の子供のころは、

活発で田んぼで遊んでる女の子だったそうです。

 

目立ちたがり屋で、皆に楽しんでもらうのが好きということから、

目立つ存在になりたいと思い始めたようです。

 

もっとも、ニコラのオーディションに応募した当時は、

ただ誌面に載りたいだけだったようですが。

 

ニコラに入ってから、女優になりたいと思ったようで、

先輩の演技を見て、実感し、面白そうだと思ったらしいです。

 

芸能界に入ることを母に伝えると、

「イェーイ!」と喜んでいたらしいです。

可愛いお母さんですね。(≡^∇^≡)

 

自分の映像を見るのも好きなようで、

番組チェックは結構するらしいです。

出演した『あさイチ』も録画してるとのこと。

 

前回『あさイチ』に出演した時、

すごい声が小っちゃいな、と思ったらしく、

毎回しっかりしゃべるように意識はしているみたいですが、

今回の『あさイチ』も声が小さかったです。

 

「今日も小っちゃいよ」と突っ込みを入れるイノッチ、

最高です。Σd(≧ω≦*) グッ

 

「演技しているときの自分が好きなので、

しっかり頑張りたい」

ということです。

 

能年玲奈と上野樹里の共通点は?

一時は、その天然なキャラクターと、『あまちゃん』があまりにも適役すぎ、

『のだめカンタービレ』の上野樹里とイメージ的に重なるということで、

『のだめ』役からなかなか抜け出せなかった上野樹里化してしまうのでは?

と心配されていました。

 

が、今回の映画『ホットロード』では、

『あまちゃん』と180度違う暗い陰のある素直になれない役を

好演し、そんな不安な声から脱却に成功しました。

 

【あさイチ】で、『ホットロード』の映像が少し流れましたが、

透明感がありながら感情を抑えた役を見事に演じています。

 

ちなみに、『ホットロード』で初の茶髪になったそうです。

 

ずっと目立つことが好きで、人に見られたいという

願望があったことから、モデル・女優という仕事は

適職なのでしょう。

 

能年玲奈の木村佳乃に対する天然炸裂!

『ホットロード』では、『あまちゃん』の大ファンという

木村佳乃が母親役で共演しています。

 

そんな木村佳乃に、能年玲奈が『あまちゃん』のDVDセットを

贈ったのですが、DVDセットの包みのセロファンにサインとメッセージを

書いて渡す、という天然っぷりを炸裂!

 

木村佳乃は、DVDを見るために開封すると

包みのセロファンは捨てることになるから、

といまだに開けることができず、DVDを見れていないそうです。

 

どうもDVD本体に書くのはおこがましいです、ということが理由のようで、

謙虚というか天然というか、とても可愛らしい一面を披露していました。

 

Sponsored Link

能年玲奈の生ゴミ生活ってどういうこと?

能年玲奈は、『あまちゃん』終了後、

1週間のお休みを生ゴミと化していたらしい。w(゚o゚)w オオー!

 

『あさイチ』の司会である有働由美子アナウンサーが、

「生ゴミってどういう生活?」と聞くと

 

能年は
「朝起きて、二度寝して、昼まで寝て、三度寝して、
そっからポテチとか食べて、
テレビやDVD観て夜更かしして、また寝る」
と紹介した。

引用元:http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20140801/Oricon_2040484.html

ということらしいです。

 

生ゴミ生活、素敵。。d(-_☆) グッ!!

ずっと生ゴミ生活したいわ~と

思ってしまう、ダメ人間です。。

 

能年玲奈は、私生活を生ゴミと例えるようですね。

面白いです。(o^∇^o)ノ

 

もっともこれは、演技指導の滝沢充子が

能年玲奈の演技が出来る時と出来ない時のあまりの落差に、

出来ない時のことを、「生ゴミ」と例えたようで、

このことに由来しているのかもしれませんね。

 

後に、滝沢充子は、「宝石に変わるかもね」という

言葉を能年玲奈に投げかけ、

それをきっかけに演技に本気で取り組むようになったらしいです。

 

能年玲奈は、褒められて伸びるタイプなのですね。

 

能年玲奈のマイブームは?

ブログによると、2007年のマイブームは、

ギター・リコーダー・いきものがかりだそうです。

 

去年のマイブームはヒゲ!だそうです。

つけひげで福士蒼汰との距離を縮めたり、

世界ひげ選手権に興味がある、など

発言していました。

 

今のマイブームはなんでしょうか?

 

ミシンでの洋服作りでしょうか?

【あさイチ】では、自作のワンピースや可愛いトップスの

写真を披露していました。

 

色合いがとっても素敵で、デザインも凝っていて、

かなり上手だな~と思いました。

 

ズボンは未挑戦なので、作ってみたいそうです。

 

洋服作りは、音楽を聴きながら作る、ということはなく、

集中してガガッと作るそうです。

 

ミシンは、「引っ越し祝い、何がいい?」と聞いてくれた

小泉今日子さんに「ミシンがいいです!」と答え、

一緒に買いに連れて行ってもらって

プレゼントしてもらったそうですヨ。

 

能年玲奈の屈託のなさが垣間見れるエピソードですね。

 

『ホットロード』ってなに?

『ホットロード』と聞くと、あの淡い透明感のある絵柄が

ぱっと思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか?

 

まー、私などはまさに『ホットロード』世代といいますか、

リアルタイムで読んでいたので、とても懐かしい思いがします。

 

現代の子には、なじみがあまりないかもしれませんね。

その分、新鮮に映るのではないでしょうか?

 

『ホットロード』は、紡木たくが描き出した

80年代後半の伝説コミックです。

儚すぎる純愛物語で、読んでいて切なくなります。

 

私はほんと辛くなって、最後までは読んでいません。

そのくらい切ないお話でした。(ノ◇≦。)

 

『ホットロード』の映画撮影裏話

『ホットロード』の映画の役作りは、

自宅で台本を読んである程度考えていったらしいですが、

現場で指示をされたら、その指示をもとにまた考える、

という柔軟性を持っています。

 

監督の指示としては、無表情で何も考えず

そこにいてください、という指示もあったらしく、

何も考えず、というのが少し難しかったようです。

 

少し重々しい内容の映画ですが、

現場の雰囲気は、木村佳乃が食事をあまりしない

能年玲奈を気遣ってくれたり、

なぜかコチョコチョされたり、楽しかったようです。

 

能年玲奈は、撮影中は食べるのが面倒臭くなるようで、

あまり食べないのもダメだ、と思って

休みの日には、無心で肉を貪った、ということもあったそう。

 

冬に半袖+アイスで、夏という設定の

撮影をしていたらしいのですが、

アイスが美味しくてパクパク食べてしまって、

後で寒くなってしまった、という子供のような

エピソードも。

 

能年玲奈の親子関係は?

『ホットロード』の和希は、自分の思ったことを

あまり表現しない子ですが、

能年玲奈曰く、母に対する反抗心が共感できたということです。

 

というのも、中学生のころは、結構親子ゲンカを

していたということです。

 

本当に悩んでいるときなどに、

楽観的な母に、「大丈夫大丈夫」と言われると

許せなくて、「そういうことじゃない!(`ε´)」と

ぶつけていたそうです。

 

関西人なので、関西弁でかなり激しいやり取りを

することもあったらしいですが、ケンカ後は、

いつの間にか仲直り、( ´ー`)⊃⊂(´ー` )

という親子らしいエピソードでした。

 

それにしても、あの伝説のコミックが

遂に映画化、ということで、

やっと和希(を表現出来る人)が現れたんだわ、

と感慨深いものを感じます。

 

能年玲奈のネット上での評判は?

 


『海月姫』の月海役も決まっているそうで、

今後の活躍も期待大!の能年ちゃんなのです♪

追記:

今回の『ホットロード』の映画化は、

原作者の紡木たくが、能年玲奈を

たまたまテレビで見て、能年玲奈なら、ということで

OKを出したそうです。

 

それくらい、能年玲奈が和希のイメージにぴったりだったのでしょうね。

 

が!そこに待ったをかける人が!

 

それは、なんと能年玲奈の母親!w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w

 

『ホットロード』世代の母親は、

「イメージが違う!」

と、能年玲奈にダメ出しをしたそうです。

 

母親は母親なりのイメージがあったのでしょうね。(^▽^;)

Sponsored Link