Pocket

リニア新幹線
出典:matome.naver.jp

リニア新幹線が、2027年に

品川~名古屋間で開通予定です。

 

リニア新幹線等はどういうものなのでしょうか?

また、このリニア新幹線が開通することによって

生活にどのような影響が出ることになるのでしょうか?

 

 

Sponsored Link

リニア新幹線とは?

2027年に開業するリニア新幹線は、

磁気浮上型の超高速の次期新幹線です。

 

リニア新幹線の時速は500キロ超で、

品川~名古屋間を40分で結ぶ予定です。

 

2045年には、東京~大阪間を67分で結ぶルートが

開通予定です。

 

総事業費は、約9兆円です。

 

近未来的なデザインで、実際に乗るのが楽しみになりますね。

 

Sponsored Link

リニア新幹線によって変化する生活

仕事面では、品川から名古屋まで、40分で往復できますので、

今までは仕事で泊まり、というパターンも

日帰りが可能になるでしょうね。

 

交通費のことを考えなければ、

品川から名古屋まで、毎日通勤、ということも

可能ですよね。

 

レジャー面では、今までは関西や名古屋方面から

富士山まで遠かったのですが、

リニア新幹線が開通することで、富士山観光に

西側の人が増えることが考えられます。

 

移動時間が少なくなるため、泊まる人が少なくなることも考えられますが、

山梨から東京までが20分くらいになるので、

山梨に高層ホテルが出来たり、富士山を見ながら

ホテルに泊まって仕事もできるという形にもなるかもしれません。

 

宿泊料金が下がったり、

移動時間が短くなるため、お弁当も小さいサイズなどできるかもしれませんね。

 

経済効果は、7~10兆円と言われています。

 

リニアに乗るために海外から来る人も増えるのではないでしょうか。

 

リニアに乗って富士山観光に行き、名古屋に行った後、

新幹線で京都に行く、という観光プランも可能ですね。

 

リニアサブレはすでにあるそうですが、

リニア最中、リニアストラップなど、リニアグッズが

リニア開通ルートで続々と出そうですね。

 

航空機や従来の新幹線はどうなる?

航空機は東京-大阪間の客は、

全部リニア新幹線に乗り換えると考えられます。

 

その分、羽田発着枠、伊丹発着枠は他へ回せるようになり、

他の発着枠が増えると思われます。

 

新幹線は、今は7割くらいがのぞみですが、

のぞみがリニアに変わると、ひかりやこだまが増え、

そこで新幹線としては勝負するようです。

 

札幌行とか東北新幹線が東海道新幹線に乗り入れたり、

九州の新幹線が東京まで走ってきたり、

今まで乗り入れできなかったが、乗り入れ可能にしていく

のではないかと考えられています。

 

リニア新幹線が走ることにより、他の交通機関も

より便利に変化していくのではないでしょうか。

 

リニア新幹線のルートは?

2027年開通予定ルートは

下の図の通りです。

リニア新幹線 ルート
出典:http://www.asahi.com/

2045年には大阪までルートが延びる予定ですので、

とても便利になりますね。

 

リニア新幹線の料金は?

気になるのは、リニア新幹線の乗車料金ですね。

 

所要時間 料金(指定席)
新幹線(のぞみ) 90分  1万1090円
リニア 40分 ほぼ同額

上記は、品川-名古屋間の

新幹線(のぞみ)とリニアの比較です。

 

ほとんどコスト的には変わらないようです。

 

料金的に変わらないのなら、

やはりのぞみよりリニアということになるでしょうね。

 

のぞみのお客さんのほとんどがリニアに乗るので、

5年くらいで、総事業費の9兆円の回収もできるらしいです。

 

リニア新幹線が開通すると、

時間の節約とともに、行動の自由度が広がり、

今まで遠かった場所も身近に感じられるようになるでしょうね。

 

夢が広がりますね。

 

こちらもあわせて読みたい

 

Sponsored Link