Pocket

七夕のたしなみ今週の木曜日2016年7月7日は七夕(たなばた)

ですね。

 

七夕といえば、笹に願い事を書いた短冊などを

飾りますが、七夕は実はそれだけではないのです。

 

より粋に過ごせる七夕のたしなみをまとめました。

 

 

Sponsored Link

七夕とは?

七夕は、一度は結ばれたものの離れ離れとなった

織姫と彦星が年に一度だけ会える日とされています。

 

そんなロマンチックな日に、

日本人は古くから短冊に願い事を書き、

外に出て夜空を見上げて来ました。

 

が、なんとなく願い事を書いてなんとなく空を見上げていませんか?

私もそうですが、短冊に願い事を書いて

「星、見えないね〜」

とか言いつつ、終わってしまいます。

 

実は七夕には粋なたしなみがいろいろあるのです。

意外と知らないたしなみ続出ですので、

今年の七夕はたしなみを知って、

粋に楽しみたいですね。

 

Sponsored Link

七夕の願い事の風習の変遷

七夕に欠かせないものと言えば笹竹と短冊ですね。

色紙で作った短冊に願い事を書いて笹に結びつける、

現代では当たり前のたしなみですが、

そもそもなぜ「七夕」に願い事をするようになったのでしょうか?

 

「七夕」の原形とされるのが、

中国で約2000年前に生まれた

「乞巧奠(きっこうでん」という伝説です。

 

神様のために衣を織る「織姫」と、

働き者の牛飼い「彦星」が結婚しましたが、

神の怒りを買い「天の川」の両岸に引き離され、

1年に一度「七夕」の日にだけ会うことを許されました。

 

日本には奈良時代にその伝説が伝わり、

「七夕」の日に織姫と彦星の幸せを願うとともに

機織りの織姫にあやかり「裁縫の上達」を願うことが

たしなみでした。

 

彦星は地上に暮らしていた人間の牛飼いでしたが、

織姫は針仕事を司る天界の神様なのです。

 

昔の女性にとって裁縫は当時の女性のステータスでした。

そこで七夕は裁縫の神様である織姫に、

裁縫の上達を願う日として根付いたのだそうです。

そしてこの”願い”は時代とともに変わっていきます。

 

平安時代、七夕を盛大に祝ったのは貴族達です。

貴族達は裁縫をすることがなかったので、

代わりに自分達に必要な能力を願うことにしました。

当時の貴族達が上達したかったものは和歌です。

貴族達は七夕の日に歌会を開き、二人を結ぶ船の「かじ」にちなんで

「梶の葉」に和歌を書き、祭壇に飾ったと言われています。

 

その後、この「梶の葉」が江戸時代に入り、

紙が多く流通したことで、