Pocket

uno宇野昌磨が、韓国・ソウルで開幕された

四大陸選手権で、自己最高得点を13点以上

更新する88.90点で2位となりました。

 

宇野昌磨を浅田真央がスカウトしたという情報や、

宇野昌磨のプロフィールをまとめました。

 

Sponsored Link

宇野昌磨と浅田真央の関係は?

宇野昌磨が、5歳の時、遊びに行ったスケート場(名古屋スポーツセンター)で、

中学生だった浅田真央が偶然にも練習していたそうです。

 

この時、浅田真央が宇野昌磨に、

「かわいい!スケートやりなよ」

と声をかけたことが、きっかけとなり、

当時、浅田真央が所属していた山田満知子がコーチを務める

グランプリ東海フィギュアスケーティングクラブに入り、

宇野昌磨はフィギュアスケートを始めることになったのだそうです。

 

最初、宇野昌磨は、もともとアイスホッケーをやりたかったようですが、

浅田真央の熱心な勧めでフィギュアスケートをすることになったのです。

 

今、めきめきとその才覚を現している宇野昌磨ですが、

浅田真央は、彼が幼少の時から既にその実力を見抜いていたのかもしれませんね。

 

Sponsored Link

宇野昌磨が羽生越え!

宇野昌磨は、2014年12月25日~28日に行われた

全日本フィギュアスケート選手権』では、

1位の羽生結弦に続き、2位となりました。

 

17歳での表彰台は、羽生結弦以来3年ぶりとなり、

2位という順位も、合計251.28点という点も

17歳当時の羽生結弦を超える成績でした。

 

ジュニアグランプリファイナル』(2014年12月11日~14日)では、

小塚崇彦、羽生結弦に続く3人目の優勝になりました。

 

着実に結果を残しつつも、まだまだ伸びしろのある

宇野昌磨が、今後どこまでのぼりつめていくのか

期待しながら見守りたいです。

 

宇野昌磨の海外の反応は?

「新しい星が生まれている」

「非常に印象的な演技」

「彼のジャンプだけでなく、スピンやステップも素晴らしい」

 

などなど、ネット上では、上記のような声が聞かれます。

 

また、宇野昌磨のまだあどけないルックスから、

「可愛い」という声も多く聞かれます。

 

宇野昌磨への海外の反応は、

とても評価が高く、これからの期待を表すものとなっています。

 

宇野昌磨のプロフィール

本名:宇野 昌磨(うの しょうま)

生年月日:1997年12月17日(17歳)

出身地:愛知県名古屋市

身長:158cm

体重:43kg

血液型:B型

学歴:名古屋市立冨士中学校出身、中京大学付属中京高等学校在学中

所属クラブ:中京大学付属中京高等学校

趣味:ゲーム、ゴルフ

 

宇野昌磨の家族は?

宇野昌磨の弟は、宇野樹という名前で、

アイスホッケーをしているそうです。

愛知県の選抜に選ばれるほどの実力の持ち主だとか。

兄弟揃って、氷の申し子、という感じですね。

 

もしかすると、兄弟揃って、オリンピック選手になる日も近いかもしれませんね。

 

また、宇野樹君は名古屋の人工アイスリンクのイメージキャラクターも

務め、TVCMに出演しているそうです。

 

宇野昌磨の父親は、株式会社ウィードという会社の社長を

しているそうです。

 

ブラザーのミシンやコピー機などのマニュアルなどを

請け負っている会社のようです。

 

フィギュアはお金がかかるスポーツでもありますが、

お父さんが会社の社長ということですし、

宇野昌磨自身の趣味がゴルフということからも、

金銭面での苦労はなさそうですね。

 

今後はシニアでの活動をしていくようですね。

 

羽生結弦はクールビューティですが、

宇野昌磨は童顔で可愛く、まだまだ子供の印象ですね。

 

そんな彼が今後、羽生結弦を脅かす存在へと成長していくのでしょうか。

どんな大人の選手に成長していくか楽しみです。

 

高橋大輔は残念ながら引退してしまい、

日本の男子フィギュアはどうなっていくのだろう、と

少し不安に思ったりもしましたが、

高橋大輔を目標とする宇野昌磨が、

新しい輝く星となって活躍してくれることでしょう。

 

こちらもあわせて読みたい

 

Sponsored Link