Pocket

柳沢慎吾柳沢慎吾がレゴシティトラックキャラバン記者発表会での

インタビュー中にぎっくり腰を発症!しました。

 

しかもなんと柳沢慎吾がぎっくり腰になった瞬間の動画が

あるのです。

 

ぎっくり腰になった、と聞くことはあっても、

人がぎっくり腰になる瞬間なんて

見たことがないので、驚きです。

 

Sponsored Link

柳沢慎吾がぎっくり腰になった瞬間の動画!

柳沢慎吾がぎっくり腰になった瞬間が

動画に残っているというのが一番の驚きというか

申し訳ないのですが、笑ってしまいました。。

 

ぎっくり腰になったから笑ったというのではなく、

柳沢慎吾の相変わらずの弾丸トークに。

 

ぎっくり腰になっても、全然変わらないテンションで

話し続けるというのが、本当にスゴイです。

 

柳沢慎吾がぎっくり腰になった瞬間の動画を見る⇒

 

もうほんとに天性の口から生まれた人なんだな~、と。

 

普通、ぎっくり腰などなってしまうと、

「もうダメだ。。」

と、動けなくなったりするかな、と

思いきや、座ってでも話し続けてましたからねー

 

どうも1週間前にもぎっくり腰になっていたようで、

ある意味、ぎっくり腰が癖になってしまっているのかもしれませんね。

 

元気なのはとてもいいのですが、

無理しないようにしてほしいですね。

 

にしても、柳沢慎吾って53歳だそうですが、

昔から全く印象が変わりません。

 

若々しいですし、元気でいるだけで周囲が笑顔になる

素敵な人ですよね。

 

見ているだけで元気になれるので、大好きです。

 

特に京本政樹とのコンビ芸(?)が好きなのです。

 

ちなみに、柳沢慎吾は、ぎっくり腰を発症して

座って10分くらいいつものテンションで話していたようですが、

最後にはちゃんと立っており、

「あばよ!」といつもの捨て台詞を言っておりました。

しかも自らやり直して2回言ってました。

 

大丈夫なのかな?と思いつつ、

プロ根性がスゴイ人だな、と思いました。

 

Sponsored Link

ぎっくり腰とは?

ぎっくり腰とは、急性腰痛症というらしいです。

 

急に腰に激痛が走るという症状です。

 

急な動作やふとした瞬間や重いものを持とうとした時などに

なってしまうらしいです。

 

確かに柳沢慎吾も落ちた手錠を拾おうとして

なっていました。

 

意外に普通の動作で急になってしまうので、

動画を見たときは驚きましたけど。

 

ぎっくり腰の多くは原因がわからないそうです。

 

ちなみに、ぎっくり腰という言葉は病名ではなく、

症状名らしいです。

 

ぎっくり腰になったら、安静にすることは重要ですが、

安静にし過ぎるのもあまりよくないそうで、

腰に負担にならない程度の日常生活を

おくるのがいいようです。

 

原因がわからないため、なかなか予防しにくいですが、

腰に激痛が走るということで、ぎっくり腰にはなりたくないですね。

 

こちらもあわせて読みたい

 

Sponsored Link