Pocket

2015-03-18_235840『地獄先生ぬ~べ~』が、賛否両論といった記事を

ドラマ開始前から、よく見かけてました。

 

私は子供が楽しんで見ているので、よくドラマを見ていますが、

それなりに面白いと思ってます。

 

明石家さんまや、山田涼介もゲスト出演するということで、

今までの視聴率などをまとめました。

 

『地獄先生ぬ~べ~』の第7話のあらすじと感想はこちら⇒

 

Sponsored Link

 『地獄先生ぬ~べ~』の視聴率は?

気になる『地獄先生ぬ~べ~』の視聴率は以下のようになっています。

 

1話 13.3%

2話 7.9%

3話 10.1%

4話 9.9%

5話 10.2%

6話 9.2%

 

大体10%あたりを前後していますね。

 

一部で酷評されている割に、視聴率はなかなか安定していると

思われます。

 

うちの子供は、怖がりながらも喜んで見ていて、

幼稚園で、

「ぬ~べ~見た?」とか

話題にしたりしているようで、子供ながらに楽しんでいるようです。

 

『地獄先生ぬ~べ~』は、なぜか子供には人気のようですね。

 

結構子供にしてみれば、怖い妖怪とかもいると思いますが、

うちの子の場合は、怖い妖怪の時は、パパにくっついて

隠れながらも観てます。

 

CMでもぬ~べ~を見かけると、

「ぬ~べ~、いつ?」

とか聞いて来たり、かなりの気に入りようです。

 

もともと漫画派の方には、漫画の印象が強く、

設定もずいぶん変わっているので、受け入れづらいようですが、

ドラマをドラマとして楽しむ分には、面白いと思います。

 

ぬ~べ~の活躍がほんとに最後の一瞬しかなかったりするので、

活躍が待ち遠しかったりしますが。

 

私も漫画連載時、リアルタイムで見ていた派ですが、

ドラマはドラマとして楽しんでいます。

 

ただ残念なのは、妖怪の着ぐるみ感満載だったり、

特殊メイクもいまいち感がかなりあり、

その辺はもっと丁寧にしてほしかったな~、とは思います。

 

予算上、仕方がない部分もあるのかもしれませんが。

 

私的には、速水もこみちの白衣をばさっとするシーンが好きですね。

1話のオリーブオイルのシーンは、キターーーって感じでしたし、

つい速水もこみちに注目してしまいます。

 

速水もこみちのあの髪型も、もう少しナチュラルにしてほしかったな~、と思いますが。

 

鵺野鳴介(丸山隆平)が、つい玉藻京介(速水もこみち)を

「玉ちゃ~ん」

と言いながら、頼っていくのも面白いです。

 

玉藻も、最初は鵺野に敵意剥き出しだったのが、最近ではすごく丸くなって

なんだか鵺野に手懐けられてる感もありますが、

そういう玉藻も好きです。(*>▽<*)

 

Sponsored Link

『地獄先生ぬ~べ~』の7話のゲストは明石家さんま!

11月22日放送の7話には、明石家さんまが登場!

 

なんと7年ぶりの連続ドラマ出演だそうです。

 

お笑い妖怪は封印?して、伝説の妖怪『怪人赤マント 通称A』を、

ちゃんと演じているようです。

 

怪人赤マントは、相手の夢を支配し、現実の肉体までも傷つけるという

恐るべき妖怪です。

 

鬼の手まで封じられたぬ~べ~を助けようと、

生徒や玉藻も奮闘します。

 

ぬ~べ~を助けることはできるのでしょうか?!
『地獄先生ぬ~べ~』の第7話のあらすじと感想はこちら⇒

『地獄先生ぬ~べ~』の8,9話のゲストは山田涼介!

8,9話でぬ~べ~を追い詰めるのは、「Hey!Say!JUMP」の

山田涼介演じる絶鬼(ぜっき)です。

 

絶鬼は、坂上忍演じる覇鬼(ばき)の弟で、

童守高校を恐怖に陥れる美しき鬼なのです。

 

山田涼介は、丸山隆平の後輩となるわけですが、

ドラマでは、容赦なくぬ~べ~を追い詰めていくようです。

 

そんな山田さんは今回の役柄について

「絶鬼は、鵺野先生の左手に封じ込められている覇鬼(バキ)(坂上忍)の弟

というキーマンなので、ここまでのドラマの世界観を大切にして、繊細に演じていけたらと思います」

と気合十分。

引用元:http://www.cinemacafe.net

 

とても綺麗な顔立ちの山田涼介が、

美しい鬼を演じるということで、

その妖演にも期待しています。

 

追記:

明石家さんま出演の第7話の視聴率は、9.0%でした。

 

明石家さんま出演ということで、視聴率はUPすると思っていたので、

意外な結果でした。

 

視聴率のUPは、結構難しいのですね~。

 

こちらもあわせて読みたい

 

Sponsored Link