Pocket

アルスラーン戦記のエンドカード【アルスラーン戦記】

17話のエンドカードが話題になっています。

 

『山田くんと7人の魔女』の作者である

吉河美希が描いたカードです。

 

私も見て驚きました。

(い、いいの?これは。。)

と。Σ(゚□゚(゚□゚*)

 

なぜ話題になっているのかなどまとめました。

 

Sponsored Link

 アルスラーン戦記の17話のあらすじと感想!

はっきり言って【アルスラーン戦記】の17話はさいっこーーでした。(o^∇^o)

 

シンドゥラの王子であるラジェンドラはダリューンに、

神前決闘の代理の戦士として自分の代わりに戦ってくれと申し出るが、

ダリューン:「迷惑ですな」

と、速攻お断り。

 

ダリューンはそもそもアルスラーンに仕える騎士なので、

他国の王子のために戦う謂れはないのです。

 

が、ラジェンドラはダリューン本人に断られても諦めず、

アルスラーンにダリューンを貸して欲しいと申し出る。

 

ダリューンが負けるはずがないと信じているアルスラーンは、

「それでこの諍いを止めることができるのでしたら」

と申し出を引き受けてしまう。

 

アルスラーンは、

「ダリューン、お主に頼めるだろうか」

と、臣下であるダリューンにおずおずとお伺い。

 

ダリューンは、

「殿下、何を気を使っておられるのです。殿下の命とあらば」

と、ラジェンドラの時とは全く違う態度で、一も二もなく引き受けるのでした。

 

というか、この時点で

(はぁぁ?! なんで?! ダリューンを気軽に貸し出すんじゃない〜!!)

(ラジェンドラ、自分で戦え!)

(なんで他国のためにダリューンがぁぁ!)

と、憤りが止まりません。

既に一足先に番組を見ていた旦那に愚痴っちゃいましたよ。

 

いざ始まった決闘では、明らかに相手、

戦士じゃないよね?人間でもないよね?∑( ̄ロ ̄|||)

という感じの獣のような巨人(バハードゥル)が出てきました。

 

バハードゥルが喋った時は、

(あ、話せるんだ。人間なんだ)

と思ったくらい人間離れしてました。

 

戦いはダリューンの盾も剣もダメになってしまい、

どうするのよ〜、とハラハラ。

 

ここで既に見終わっている旦那が

「どうなると思う?」

などと聞いてくるので、

「火に落とす?」

と答えると、なぜかほくそ笑むので、違うのね、とわかりましたよ。

 

アルスラーン殿下はダリューンの危機に取り乱して

ラジェンドラにブチ切れます。

「もしダリューンがあの怪物に殺されでもしたら、

パルスの神々に誓ってあの怪物とあなたの首を並べてここの城門にかけてやる!!」

と、見たことのない怒りよう。

 

ていうか、ダリューンが負けないと思って気軽に差し出すからだよ〜、

と思うのですが。

それもさほど関係のない他国の争いをいさめるために。。

 

結局、ダリューンは追い詰められたふりをして、相手を油断させ、

火をつけたマントをバハードゥルの頭に巻きつけ、

隠し持っていた短剣で首を刺し、勝利したのでした。

 

その後、神前決闘の結果に納得しないガーデーヴィと

ラジェンドラの戦いに巻き込まれたアルスラーンを救ったのは、

2度もアルスラーンに助けられたジャスワントなのでした。

 

ジャスワントが慕っていたマヘンドラは、ガーデーヴィによって斬られ、

「お前は道を違えるな」

と言い残し、死んでしまいました。

 

ガーデーヴィはラジェンドラ軍によって捕らえられたのでした。

 

今回は、ハラハラしつつも、ダリューンの格好良さが一際、際立っていて、

また、主従愛?が素敵な回でした。

 

アルスラーンがなぜ臣下に慕われるかが

あのブチ切れっぷりでわかりますよね。

 

ただの主従関係でなく、人間として大切に想う心を持ち合わせている

主君だからこそ、みんな喜んで付き従うのでしょうね。

 

が、アルスラーンはダリューンを信じきっているのはいいのですが、

もっと大事にして欲しいですね〜。(・Θ・;)

Sponsored Link

アルスラーン戦記の17話のエンドカードが話題!なぜ?

噂の(?)17話のエンドカードがなぜ話題なのかと言いますと。

これだからです↓↓↓

 

ちょ!アルスラーンが姫になってるし!

ダリューンもナルサスも鼻血出してるし!

 

アルスラーン、確かに巷では