Pocket

Youtubeにカラオケ動画ってよく投稿されていますよね?私も見たことがあります。

楽しく歌っているのを楽しく見るだけで、今まで何も思っていなかったYoutubeへのカラオケ動画投稿に待ったがかかりました。

裁判で、Youtubeにカラオケ動画をアップすることは違法、という判決が出たのです。

Sponsored Link

【注意!】Youtubeにカラオケ動画をアップするのは違法!

カラオケ動画投稿

先日、カラオケ機器メーカーの第一興商がYoutubeにカラオケ店で撮影したカラオケ動画を掲載した男性に削除を求めたところ、応じなかったということで裁判となりました。

その結果、カラオケ機器メーカーの請求を全面的に認め、Youtubeへのカラオケ動画の投稿が違法ということになりました。

 

カラオケ機器メーカーの第一興商は、今までもYoutubeのカラオケ動画には削除依頼を数多くしていたようです。今まで裁判にならなかったのは、削除依頼を受けた人が求めに応じて削除をしていたからなのでしょうね。

 

これまでは、個人の投稿はある意味、宣伝や話題にもなる、という面もあってか、グレーゾーンとされている部分もあったようですが、この判決結果によってYoutubeへのカラオケ動画の投稿は違法であることが明言されました。

 

もちろん、自分が歌うカラオケ動画を家族など身近な人に見せるのは違法ではありません。Youtubeへのカラオケ動画投稿が違法なのです。

Youtubeにカラオケ動画を投稿している方はたくさんいると思いますが、今後は注意が必要です。

 

Sponsored Link

それでもYoutubeにカラオケ動画を投稿する方法!

カラオケ動画

でもどうしても自分が歌ってる動画をYoutubeに投稿したいんだ!という方もいると思います。

その場合、投稿する方法があります。

 

YoutubeはJASRACと提携していることから、JASRAC管理の曲に関しては、下記の方法で撮影した動画であれば投稿をすることができます。

  • 自分で演奏をして歌う
  • アカペラで歌う

これなら正式に認められているので、誰にも文句を言われることはありません。

アカペラ・・・ちょっと難易度かなり高いですが。。

 

または、カラオケ動画をネットにアップするには、第一興商では「DAM★とも」、JOYSOUNDでは「うたスキ動画」という専用のプラットフォームを利用すればいいということです。

 

 

このSNSには絶対カラオケ動画を投稿してはいけない!

カラオケ動画-1

YoutubeはJASRACと提携しているということで、自分の演奏での歌やアカペラは投稿できますが、自分の演奏でもアカペラでも投稿できないSNSがあります。

 

JASRACと提携をしていないFacebook(フェイスブック)やTwitter(ツイッター)には、カラオケ店で撮影した動画はもちろん、自分の演奏でもアカペラでも投稿することで著作権法違反となる恐れがあります。

ほかSNSも許可されているかどうか確認をしてから投稿をした方がいいですね。

 

まとめ

昨年、星野源の恋ダンスが流行った時は、条件付きで動画投稿がOKとなっていた時期もあり、それによってよりブームとなりました。逆に言うと条件が付いていない曲は投稿してはダメなんですね。

 

私もカラオケ動画をたまに見ていましたが、著作権法違反になるとは思いませんでした。

今回の判決には、著作権に詳しい弁護士も意外に思う部分もあるようです。が、違法という判決の前例ができたことで、今後もし裁判となれば同じように違法という判決になる可能性がありますよね。

 

著作権などは目に見えないものでどこからどこまでが違反、というのもわかりにくいです。カラオケ動画を投稿している人もまさか自分が著作権法違反をしているなんて思っていない人も多いかもしれません。私も考えたことがありませんでしたし。

 

Youtubeは自分で演奏しながら歌う動画の投稿も認められていますが、なかなかみんながみんな楽器を弾くことができるわけではないですよね。

アカペラも少し難易度が高いですし、今後はカラオケ店でのサービスを使用した投稿がいいかもしれませんね。

Sponsored Link