Pocket

進撃の巨人気になっていた『進撃の巨人』の実写版キャストが

発表されました。

 

2015年夏に上映予定のこの前後篇2部作の実写版映画は、

着々と撮影が進んでいるようです。

 

気になるキャスト情報と、独自の見解をまとめてみました。

 

 

 

Sponsored Link

『進撃の巨人』実写版映画のキャストは?

ついに、実写版映画『新劇の巨人』 のキャストが発表されました!

 

エレンの三浦春馬は確定だったのですが、

軍艦島で水原希子や石原さとみの目撃情報がある、

なと気になる情報が出ており、

まさにその情報どおりでしたね。

 

以下、キャストです。

 

エレン -「自由」を求める者- … 三浦春馬

ミカサ -戦場を舞う女神- … 水原希子

アルミン -心優しき賢者- … 本郷奏多

ジャン -反逆の刃- … 三浦貴大

サシャ -飢えた狙撃手- … 桜庭ななみ

ハンジ -暴走する無邪気- … 石原さとみ

 

以下映画版オリジナルキャラクター

シキシマ -「人類」最強の男- … 長谷川博巳

サンナギ -慈愛深き豪傑- … 松尾諭

ソウダ -嘆きの先導者- … ピエール瀧

クバル -闇を統べる者- … 國村隼

フクシ -悲しみの守護星- … 渡部秀

ヒアナ -勇敢なる母性- … 水崎綾女

リル -愛に生きる本能- … 武田梨奈

 

武田梨奈といえば、空手では名を馳せるアクション女優といっても過言でない方なので、

アクションで活躍してくれることと思います。

【画像】武田梨奈 頭突きで瓦割のあのカラテガールが2冠 & MVP!素顔は?腹筋は?

 

Sponsored Link

シキシマとは?

キャストを見る限り、注目度の高かったリヴァイはいないもよう。。

 

どういうことだ?!と思いつつ、キャストを見ていると、

リヴァイを演じるのではないか?と思われていた長谷川博巳が

シキシマという謎の役名でキャスティングされている!

 

シキシマって一体誰やねん!?

って感じですが、キャスティングの順番を見ると、どうも重要な役柄のよう。

(公式HPでのキャスティングは、エレンの次がシキシマ、その次がミカサとなっています)

 

リヴァイはあまりの人気に、下手なキャスティングはできないと、

手が出せない領域だったのでしょうか?

 

リヴァイ、素敵すぎですもんね~(ハート)

 

シキシマは、あえて言うなら、シキシマという名を借りた極めてリヴァイに近い人物なのではないか、

と私は推測します。

 

しかし、長谷川博巳扮するシキシマ、かっこいいです。。

 

『進撃の巨人』実写映画化、キャスティングについて

以下は、私個人的な感想です。

 

まず『進撃の巨人』の実写映画化についてですが、

反対の意見が多いと思います。

 

漫画とアニメでよし、と。

アニメ版がかなりいいですしね。

 

私としても、実写化は不安なものがあります。

 

まず、巨人

エキストラを募集していたようですが、

あの独特の動きを生身の人間が演じるのは、ちょっと酷というか

見辛い気がするのですが。。

 

海外の映画のように、モーションキャプチャーで

動きだけ取り入れて、CG化するなどしてもらえれば、

大丈夫だと思いますが。。

 

あと立体機動

ビュンビュン飛び回りますが、あの激しい動きをうまく再現できるのか。

 

結構グロい場面もありますが、実写だとよりグロさが増すと思うのですが、

大丈夫でしょうか。

 

キャスティングについては、下記佐藤善宏プロデューサーのコメントにもあるように

もともと特に外見が似ているとかのイメージでのキャスティングはされていないようなので、

原作を読み込んでいる人、アニメを見ている人には、

かなり違和感が生じているのではないでしょうか?

 

原作のキャラに外見が似ているか否かは全く考慮には入れませんでした。

諌山先生と何度も話し合い、原作キャラたちのスピリットを体現できる俳優、

という基準のみでキャスティングを行いました。

引用元:http://shingeki-seyo.com/

 

私個人的には、本当にイメージに全くなかった人たちの

キャスティングなので、どうなるのかな、と。

 

演技力で、スピリットを体現してくれるのでしょうが。

 

エレンはもう少し若い気がするし、ミカサはなんか違う、っていう感じで、

アルミンはもう少し女性的な気がするし、ジャンもなんか違う、とetc…。(-。-;)

 

唯一、サシャはまー、いっか、と。

 

あとハンジ。

ハンジに色気はいらない、と。

石原さとみ、最近、ほんとに色気が増してきているので、

あの色気を抑えられるのでしょうか?

 

ハンジは特に、作者もあえて性別を明かしていない様です。

 

私は最初、声優さんも女性だし、 普通に女性だと思っていたのですが、

女性説、男性説があり、作者があえて性別について明言しない立場をとっている

ということは、男性チックでもある、ということだと思いますので、

あえて男性が演じてもよかった気もします。

 

『月刊アニメージュ』では、女性キャラクターランキングに載っていたり

したらしいですし、コミックの随所で女性らしい部分があるので、女性の確立のほうが高そうですが。

 

なぜか、石原さとみのハンジだけは、

演技しているシーンがすごく想像できます。

 


ちなみにピエール瀧は、オファーが来たとき、

巨人役だろうな、と思ったのだそうです。

言われてみれば?!

ですが、そうではないことを知り、意外、と思ったそうです。

 

ピエール瀧は、演技もうまいので、いい味出してくれるのではないでしょうか。

 

ちなみに、ピエール瀧といえば、やっぱり『アナと雪の女王』のオラフですよね!

 

と、さまざまな不安要素もありつつ、楽しみにしているのも事実です。

 

とにかく『進撃の巨人』の世界観が好きなので。

 

ストーリーも本当によく練られていて、残酷だけじゃない、

考えさせられる部分もある本当によくできたお話です。

 

実写版映画は、オリジナルキャラクターが何人かいることで、

主軸はありつつも、また違った話の展開になっていくのではないかと思われます。

 

映画の脚本に、作者の諫山創も参加しているようですし、

独特の世界観が繰り広げられることでしょう。

 

日本のCG技術も上がっているので、

観て違和感のない、新たな『進撃の巨人』として

楽しめる作品になることを期待しています。

 

ちなみに、『進撃の巨人展』(上野の森美術館・11月28日~2015年1月25日)で、

各キャラクターのビジュアルポスターなどが展示されるようです。

世界観にいち早く触れてみたい方にオススメです。

 

『進撃の巨人』の撮影ロケ地は?

『進撃の巨人』は独特な世界観と舞台なので、

どこでロケが行われているのか気になりますね。

 

少し先述しましたが、長崎県の軍艦島がロケ地として使用されています。

 

また、公式ホームページによると、2014年5月~8月に、

熊本、茨城、東宝スタジオほかで撮影が行われたようです。

 

どのような作品になるのか、今から楽しみです。

来年は、『海月姫』や『脳内ポイズンベリー』などなど

注目作がたくさん上映されそうですね。

 

追記:(2015年3月19日)

『進撃の巨人』実写版映画のプロモーション映像が公開されています。

 

『進撃の巨人』実写版映画のプロモーション映像を見る⇒

 

あの世界観を再現できるのか、ちょっと不安な部分もあるのですが、

プロモーション映像を見ると、期待できる気がします。

 

巨人がとてもリアルで、コミックやアニメとは違った

リアルな世界が体感できるかもしれません。

 

こちらもあわせて読みたい

 

Sponsored Link