Pocket

bookandbedtokyo本好きにはたまらないホテル

【BOOK AND BED TOKYO】

東京の西池袋に2015年9月末に登場します。

 

宿泊料金や場所などについて調べてみました。

 

 

 

 

Sponsored Link

 【BOOK AND BED TOKYO】とは?

【BOOK AND BED TOKYO】は、本好きのためのホテルです。

 

よく本を読んでいるうちに寝てしまう、睡魔がくる、ということがありますよね。

 

その心地よさ、至福の寝る瞬間を提供することが目的で作られるホテルのようです。

寝具にこだわるホテルなどはありますが、【寝る瞬間】にこだるという

変わったコンセプトですね。

 

でも確かに本を読みながら寝るというのは、

いつの間にか寝てしまう最高に気持ちの良い瞬間かもしれません。

 

【BOOK AND BED TOKYO】は本棚の中にベッドが組み込まれているという構造になっており、

まさに本に囲まれて好きなだけ読み、読んでいるうちに眠りに落ちる、

本好きにはたまらない環境ですね。

 

ちなみに【BOOK AND BED TOKYO】にある本は売っていませんので、

気に入った本があったら、本屋さんで購入!です。

 

いろんな本を気兼ねなく、眠くなるまで読みふけることができるのは

魅力的ですね。

 

うちは子供がいるので、枕元で灯りをつけて本を読むということができず、

本を読みながら眠くなる、眠りにつく、という経験は

ここ数年していないですね~。

 

なんとも羨ましい環境です。

 

Sponsored Link

【BOOK AND BED TOKYO】の宿泊費や場所は?

【BOOK AND BED TOKYO】は、2015年9月末に

東京の西池袋にあるルミエールビルの7Fにオープンします。

 

池袋駅西口から徒歩1分という好立地です。

 

場所:〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-17-7 ルミエールビル7階

 

池袋駅を利用している人は、本が読みたいとか、

寝落ちしたい、という気分になったら、

すぐに向かえますね。

 

【BOOK AND BED TOKYO】のHPはこちら⇨

 

【BOOK AND BED TOKYO】は、外国人観光客はもちろん、

日本人旅行者がターゲットとなっています。

 

宿泊をしなくても、デイタイムのラウンジスペースが利用可能となっています。

 

宿泊費はまだ発表されていないようで不明です。

カプセルホテル並みだと嬉しいですね。

 

7月13日〜25日には、「SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS」内に

【BOOK AND BED TOKYO】の一室が一足先に展示されていますので、

行ってみるのもいいかもしれません。

 

こちらもあわせて読みたい

  • 【変なホテル】ハウステンボスに登場!予約方法は? 

 

Sponsored Link