Pocket

箱根山
出典:matome.naver.jp

2015年6月30日、箱根山の大涌谷で

ごく小規模な噴火が起きました。

 

6月29日から、箱根山では地震が頻発しており、

噴火警報レベルが2から3に引き上げられました。

 

これは箱根山では初めてのことです。

もし箱根山が噴火をしたらどうなるのでしょうか。

最後に噴火したのはいつなのでしょうか?

過去の噴火から被害を予想してみます。

 

Sponsored Link

箱根山が噴火したら被害はどうなる?

6月30日、箱根山で地滑りにより新たな噴気孔ができていることが確認され、

その噴気孔近くでは火山灰も確認されています。

 

震度3の揺れも1日に2度、観測されています。

震度3の地震は、ここ最近、火山活動が活発化している中、

初めてのことです。

 

箱根山の火山活動が活発化する中、

噴火するのではないかという不安が募ってきました。

 

箱根山が過去に噴火した時はどのような状況だったのでしょうか。

 

火山の噴火には、主に水蒸気爆発マグマ噴火

マグマが地下水に触れて生じるマグマ水蒸気爆発があります。

 

専門家によると、大規模噴火はほぼないと言われていますが、

箱根山の地下8〜10キロあたりにはマグマ溜りがあるそうなので

大噴火の可能性もなきにしもあらず、ですよね。

 

気象庁によると、箱根山で噴火が起きても小規模な水蒸気爆発としています。

 

箱根山で水蒸気爆発が起きた際の影響は?

↓は、箱根山で水蒸気爆発が起きた場合、

どのくらいの範囲にどのような影響が出るのかを予測した

箱根町の火災防災マップです。

箱根町火山防災マップ
出典:https://www.town.hakone.kanagawa.jp/hakone_j/kurashi/iza/kazankatudou.html
箱根町火山防災マップ
出典:https://www.town.hakone.kanagawa.jp/hakone_j/kurashi/iza/kazankatudou.html

水蒸気爆発の場合、東京や神奈川に影響はないようですが、

降灰がかなり広い範囲でありそうです。

 

Sponsored Link

箱根山の最後の噴火はいつ?

箱根山は約40万年前から火山活動が始まったそうです。

 

箱根山の最後の噴火は、なんと約3,000年前!

水蒸気爆発が起きたらしいです。

その時に大涌谷や、山が崩れて川をせき止めて芦ノ湖ができたとされています。

 

最後の噴火が3,000年前だとすると、

箱根山自体、かなりパワーを溜め込んでいそうな雰囲気ですね。

 

また、箱根山は約7万年前に破局噴火が起きており、

その噴火の際、火砕流が約60kmほども離れた横浜市西部あたりまで

到達したそうです。

 

破局噴火とは、地下のマグマが一気に吹き出す壊滅的な噴火で、

今、破局噴火が起きれば、首都圏でも雨のように軽石が降り注ぎ、

1千万人単位の犠牲者が出るほどの大被害となるそうです。

 

噴火の規模や風向きなどによっても被害状況は変わってきますが、

東北や中部にまで影響が出る可能性があります。

 

なんとかガス抜き的な小規模噴火のまま、

終息してほしいものです。

 

こちらもあわせて読みたい

 

Sponsored Link