Pocket

静脈
出典:http://www.psy.ritsumei.ac.jp/

人の腕などで、青く見える静脈が

実は灰色だったことがわかりました。

 

どうも目の錯覚で青く見えているらしいです。

 

今、自分の腕を見ても、どう見ても静脈が

青く見えますが。。

どういうことなのでしょう?

 

Sponsored Link

静脈が青いというのは目の錯覚!実は灰色だった!

静脈が実は灰色、というのは、

立命館大の北岡明佳教授の研究で

明らかになりました。

 

人間の視覚には、「色の対比」という

現象があり、灰色を赤で囲むと青く見え、

灰色を青で囲むと赤で見える、という

現象が起きるそうです。

 

この現象が静脈を見たときに、

強く現れ、実際は黄色味がかった灰色の静脈が

肌の黄色味がかったオレンジ色の影響により、

青く見えているのだそうです。

 

腕の画像にモノクロ処理を加えると、

静脈がくっきりと浮かび上がるため、

静脈注射が苦手な看護師の補助に

活用できるのではないか、ということです。

 

静脈注射苦手な看護師さん、

いますよね~

 

先日、点滴のため、注射をしてもらった看護師さんが

まさにそれ!

 

1回目、めちゃくちゃ痛い!

針が刺さってるのに、

中で血管を探しているのか?

ぐりぐりされる。(ノ◇≦。)

 

一応点滴の格好にはなったが、

あまりの痛さにこれで1時間近くは我慢できない、と

やり直してもらう。

 

やり直してもらうのも、はっきり言って恐怖で、

注射の上手な人に変わってほしかったが、

その言葉は何とか飲み込み、

再チャレンジでなんとか大丈夫になりました。

 

が、その看護師さん、多分自分が注射、上手でないことを

うすうす気づいている感じ。

年配の方だったけど、注射、ヘタな人は下手なんでしょうね。

 

注射してる時の顔とかちょっと強張ってたし

痛くないか確認する時も、痛いよね、やっぱりって

感じで聞いてきてたし。(ー。ー;)

 

ぜひこの技術を早く教えてあげてください!

と願うばかりです。