Pocket

個人年金
出典:http://www.irasutoya.com/

平均寿命が延びている昨今、

退職後の生活を考えておくことが

必須となっています。

 

無職で高齢の夫婦が月々にかかる支出は、

約27万2000円と言われています。

 

これは公的年金では、とても支払えない額です。

 

これを補うには、自分で年金を積み立てる術が

必要となります。

Sponsored Link

公的年金の受給額は?

6月に政府が発表した公的年金の長期見直し財政検証によると、

およそ30年後の受給額は、

厚生年金 月17万6000円

国民年金 月4万5000円

となります。 (物価や賃金が今と同じと仮定した場合)

 

この受給額は、現在の支給額より、

2,3割減ってしまうことになります。

 

自分でできる対策の一つとして、

保険会社などでお金を積み立てる個人年金があります。

 

個人年金は、保険会社をはじめ、

各金融機関が多様な商品を提供しています。

 

Sponsored Link

個人年金 得の法則とは?

保険料の払い方は、月払い?年払い?

保険料の払い方は、月払いと年払い、

どちらがお得でしょうか?

 

これは、年払いがお得となります。

 

月々1万円を30年間支払った場合、

受け取る金額は、388万円ですが、

12万円を一括の年払いにすると、

受け取る金額は、395万円となります。

(ある商品の返戻率を基に計算)

 

この場合、約7万円がお得になります。

 

年払いは、引き落とし回数が少ないため、

保険会社が事務手数料を安く抑えられることが理由の一つです。

 

そのため、受け取る額が月払いよりも増えるのです。

 

個人年金 × 月払いではなく年払い = 7万円お得!

になることもあります。

 

お宝年金は解約してはダメ!お宝年金とは?

今、個人年金に加入すると、

一般的な予定利率は年に約1%ほどです。

 

が、1993年に加入した人の予定利率は約5%で、

月4万円 × 20年払ってきた人は、月々8万円×終身(個人年金のみ)

となるケースがあります。

 

なぜこんなに利率が高いのでしょうか?

 

80年代から90年代前半は、利率が5%を超え、

ピークだった時代です。

当時の個人年金は、お宝年金と呼ばれているのです。

 

個人年金 × 1980年代~90年代前半に入った人 = 是が非でも解約しない方が得!  

 

お宝年金に代わる個人型確定拠出年金とは?

今からお宝年金に入るのは不可能です。

 

そこで、 個人型確定拠出年金という制度を利用します。

 

これは国の制度で、加入できるのは、

公的年金にだけ入っている自営業者、会社員(企業年金なし)です。

 

この制度は月々に支払うお金を、定期預金や保険、投資信託など

自分で選択し運用するというものです。

 

これにはお得なポイントがあります。

 

それは節税効果 !

 

月に23000円、年間276000円支払っている と、

所得控除になり、住民税や所得税が抑えられます。

 

課税対象の所得が仮に500万円だとすると、

その時の所得税+住民税は、約107万円で、

年間27万6000円が控除されるため、

所得税+住民税は、99万円 8万円減ることになります。

 

20年間続ければ、20年間の節税効果は、約160万円となるわけです。

 

が、いくら節税をしても、運用で大損したくないですよね。

 

全く分からないという人は、最初は定期預金からスタートして

勉強しながら徐々に投資商品に移していけばいいのです。

 

定期預金なら、元本が確保できます。

その分、節税分がまるまるお得になります。

 

加入方法は、金融機関などに申請するだけです。

 

個人型確定拠出年金 × 節税効果が大=100万円以上お得  

 

個人型確定拠出年金に加入できるのは60歳までです。

 

ほとんどの人が使える究極の裏ワザ

9割の世帯が加入している 生きているうちに使えるものが、

死亡保険(生命保険)です。

 

死亡保険といえば、死後に家族が受け取る物、という認識ですが、

生きているうちに一部を解約し、現金を受け取れるものが多いのです。

 

納付済み(死亡保障500万円)で、

掛け金300万円を払い終えている場合、

死亡保障を250万円残し、

あとの半分を解約すれば

現金100万円を 手にできます。

(商品によって異なります)

 

トータルは減ってしまいますが、

掛け金を50万円上回ります。

 

現金化することで、元気なうちに、

旅行や趣味、介護の費用に充てることが出来ますね。

 

生命保険 × 一部解約できる = 年金代わりになる

 

不安が募る老後に向けて、早めの対策をとる必要がありそうですね。

 

個人型確定拠出年金は、実は対象者のまだ1%くらいの人しか加入していません。

それには、よくわからないという印象があるためかと思われます。

 

個人型確定拠出年金の加入には条件があります。

 

自営業者は無条件で入れます。

 

会社員は、国民年金+厚生年金+3段階目に

厚生年金基金だとか、企業型確定拠出年金に

加入している会社がありますが、

この条件の人は入れません。

 

厚生年金しか入っていないという人がまだまだ多く、

会社員の二人に一人が対象となります。

 

掛け金は毎月5000円から掛けられるので、無理のない範囲で出来ます。

が、これは60歳まで現金化できません。

 

また、転職すると非対象者になる可能性もあります。

(今までかけた掛け金の分は、老後の保障はあります。

運用の指図はできるが、これ以上毎月の掛け金を拠出することはできません)

 

運用商品の口座の手数料は取られます。

 

加入は、会社を通さなくても、インターネットなどで簡単に加入できます。

 

自営業では最大68000円まで毎月掛けられます。

会社員は、23000円掛けることが出来ます。

 

投資と同じような意味合いですので、

利回りがいいものはリスクもあると思っておいた方がいいです。

 

年金も自分で選ぶ時代になってきましたね。

よく調べて自分に合うものを探して

少しでも老後の生活を豊かに過ごしましょう。