Pocket

二階堂ふみ『私の男』がロシアのモスクワ国際映画祭で、

グランプリ(最優秀作品賞)と、最優秀男優賞を

受賞したことでも注目されています。

 

その『私の男』に浅野忠信とともに、

主演として出演している二階堂ふみ

宮崎あおいに激似!ということで話題になっています。

 

Sponsored Link

二階堂ふみのプロフィール

本名:二階堂ふみ(にかいどうふみ)

生年月日:1994年9月21日(19歳)

出身地:沖縄県那覇市

身長:157cm

血液型:O型

靴のサイズ:cm

職業:女優、ファッションモデル

好きな食べ物:かぶ

 

主な出演作

映画

  • ガマの油(2009年6月6日、ファントム・フィルム) – 光 役
  • ヒミズ(2012年1月14日、ギャガ) – 主演・茶沢景子 役
  • 悪の教典(2012年11月10日、東宝) – 片桐怜花 役
  • 脳男(2013年2月9日、東宝) – 緑川紀子 役[9]
  • 四十九日のレシピ(2013年11月9日、ギャガ) – イモ 役
  • 私の男(2014年6月14日、日活) – 主演・腐野花 役[12][13]
  • 渇き。(2014年6月27日、ギャガ) – 遠藤那美 役[14]
  • 日々ロック(2014年秋公開予定、松竹) – 宇田川咲 役[15]
  • ジヌよさらば〜かむろば村へ〜(2015年春公開予定、キノフィルムズ) – 青葉 役[16]
  • 味園ユニバース(2015年2月公開予定、ギャガ) - カスミ 役[17]

テレビドラマ

  • 受験の神様 第1話(2007年7月14日、日本テレビ) – 冒頭女子児童 役
  • テンペスト(2011年7月17日 – 9月18日、NHK BSプレミアム) – 思戸 役
  • 平清盛 第36話 – 最終話(2012年9月16日 – 12月23日、NHK) – 平徳子 役
  • Woman(2013年7月3日 – 9月11日、日本テレビ) – 植杉栞 役
  • 東野圭吾「変身」(2014年7月27日 – 放送予定、WOWOW) – 葉村恵 役[18]
  • 軍師官兵衛 第31話 – (2014年8月3日 – 放送予定、NHK) – 茶々 役[19][20]

 

映画好きの母親の影響で、女優を目指すようになったようです。

12歳の時撮影された、フリーペーパー『沖縄美少女図鑑』が、

マネージャーの目に留まり、スカウトされ、モデルとしてデビューしました。

 

その後は、数々の映画やドラマ、CMなどに出演し、

今や主演女優をはるまでに成長し、その演技力が異彩を放っています。

 

結構、個性的であくの強い役というか、お話に出ることが多いように思えます。

 

刺激的・衝撃的な『渇き』では、小松菜奈とも共演していました。

小松菜奈のエキセントリックな演技にも注目です。

 

Sponsored Link

二階堂ふみと宮崎あおいが激似!

 

写真を見てもらうと分かる通り、どっちが二階堂ふみか宮崎あおいか

一見するとわからない、です。(;゚д゚)ァ….

 

左が二階堂ふみ、右が宮崎あおいと思われます。

(違ってたらすみません。。)

 

目といい、鼻といい、口といい、そっくり。

写真の角度や映りによりますが、ほんと、そっくりに見える時があります。

 

双子か姉妹か?と話題になったりもしているようですが、

そう思うのも不思議でないというか。。

姉妹ではないようですが。

 

二階堂ふみ本人は、宮崎あおい似と言われるのは

どうも嫌なようです。

 

同じ芸能界、同じ女優ということで、比べられやすいですが、

やはり、芸能界での唯一無二の存在になりたいのでしょうね。

 

一視聴者としては、二人とも演技力があり、主演級の女優さんなので、

楽しめる映画やドラマが2倍になった!と、二人の活躍が

楽しみです。(*^o^*)

 

二階堂ふみの性格は?

巷では、二階堂ふみの性格が悪い、と噂になっていますが、

真実はどうなのでしょう?

 

沖縄での学生生活では人気者?かと思いきや、

いじめられていたとか。

 

彼女の数々の発言を聞いていると、

【自分】というものをしっかり持ちすぎているが故に、

率直な意見、行動が周りには奇異に見える、ので、

周りと馴染めない、距離を置かれるという

ことになったのではないかな??と

思えてしまいます。

 

一時期は、人と同じものを着たくない、ということで

ロリータファッションに身を包んだり、

ということもあったようです。

 

発言も【自分】をしっかり持っています。

 

「私は、ハリウッド女優になりたいわけではなくて、宇宙規模で生きたいですよね。」

「私はどこにいってもシックリこない。」

「キラキラした女子的なノリはあんまり好きじゃないです。」
引用元:http://matome.naver.jp/odai/2132971950082312301?&page=1

 

『脳男』の公開初日舞台挨拶では、

さらに二階堂は厳しい減量を監督から指示されたといい

「成長期だから全然痩せないし。

『早くこの現場終われ』って思ってた」

と毒舌全開で

「お米食べられないし甘いの食べられないしなんだよって」と恨み節。

瀧本監督は

「二階堂さんには一番、死ねって思われてた。『殺す殺す』って目で見られてました」

と恐縮していた。
引用元:オリコンスタイル

と、監督が恐縮するくらいの毒舌っぷり。(°Д°;

 

若いが故に自由奔放な発言なのか、

性格なのかわかりませんが、

あまり周りを気にしない、という感じですね。

 

人に見られる仕事についていながら、

人の目を気にしないでいられるのは、

むしろすごいことです。

 

二階堂ふみには、このまま自分道を突っ走っていただきたいです。

 

二階堂ふみの演技は?

二階堂ふみの演技力は、とても高い評価を得ています。

 

とにかく役になりきるようで、

『ヒミズ』では、役になりきりすぎて、

相手役の染谷将太をほんとに好きになってしまったとか。

 

『脳男』では、サイコパスという役柄で、

数キロ体重を減らすなど、役になりきる努力をしたようです。

 

また、生田斗真に首を絞められるという演技の時には、

失神してしまったとか。

 

『私の男』でも、難しい役どころを見事に演じ、

話題になっています。

 

流氷漂うー2℃の海に身を投じて、演じるなど、

役のためなら、なんでもします!的な姿勢が素晴らしいです。

 

個性的な役が多く、今後の活躍も楽しみです。

 

こちらもあわせて読みたい

Sponsored Link