Pocket

流星ワゴン先日、結婚を発表し、私生活も充実しているであろう

西島秀俊が主演する『流星ワゴン』

 

親子の絆や人生の分岐点の大事さが描かれた

『流星ワゴン』のネタバレあらすじやキャストを

まとめました。

 

Sponsored Link

『流星ワゴン』のキャストは?

『流星ワゴン』のキャストは、以下のようになっています。

 

永田一雄 : 西島秀俊

永田忠雄 : 香川照之

永田美代子 : 井川 遥

永田智子 : 市川実和子

永田伸之 : 髙橋 洋

千賀和哉 : 入江甚儀

古閑 : 町田啓太

橋本健太 : 高木星来

永田広樹 : 横山幸汰

幼少の一雄 : 佐藤詩音

幼少の智子 : 梅垣日向子

若き澄江 : 渡辺真起子

永田澄江 : 倍賞美津子

橋本義明 : 吉岡秀隆

引用元:http://www.tbs.co.jp/ryusei_wagon/cast/

 

個性派・実力派俳優が集まっており、

ドラマに重厚な彩りを添えそうですね。

 

個人的には、井川遥に注目しています。

美人なので大好き、という理由ですが。

 

Sponsored Link

『流星ワゴン』のネタバレあらすじは?

『流星ワゴン』の内容は、親子の絆と人生の分岐点について

考えさせられるものとなっているようです。

 

結末について少し触れていますので、

結末を知りたくない方は、↓を読まないでくださいね。

 

『流星ワゴン』のあらすじ

永田一雄(西島秀俊)は、半年間の間に、

リストラをされ、妻から離婚を切り出され、

家庭内暴力をする息子に手を焼いていた。

 

末期がんで死に瀕した父・忠雄(香川照之)とは確執を抱え、

分かり合えないままだった。

 

一雄は、なんでこんな風になってしまったのかと

自問自答を繰り返すが、答えは出ない。

 

そんな一雄の前に、5年前に交通事故で死んだはずの

橋本義明(吉岡秀隆)と、橋本健太(高木星来)の親子が

乗ったワインカラーのワゴンが突如現れる。

 

ワゴンは一雄を、時空を超えて、大切な場所に連れて行き、

一雄は妻や息子とうまくいかなくなった原因を知ることになる。

 

そして、1年前の上野駅前に戻った一雄は、今の自分と同じ年の父・忠雄と

出会い、行動を共にすることになる。

 

『流星ワゴン』は、人生の幾つもの分岐点で、どうしてその道を選択したのか、

人生の岐路の大切さや、人生の再生、親子の絆を描いています。

 

結末は、一雄は流星ワゴンに乗って、過去をめぐっても、

過去を変えることはできません。

 

現実世界に戻っても、大して変わりはありません。

妻と息子の言動がすこーし良い方に変化したくらいです。

 

が、一雄にとって、少し未来に希望を抱けるようになるようです。

 

『流星ワゴン』のロケ地は?

『流星ワゴン』の永田家の故郷のロケ地として、

広島県福山市の鞆の浦(とものうら)が選ばれました。

 

福山駅から南へ14kmの瀬戸内海沿岸のほぼ中央に位置する鞆の浦。
古くから潮待ちの港として栄え、万葉集にも詠まれています。
また、日本で最初の国立公園に指定された瀬戸内海を代表する景勝地の1つです。

引用元:http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/

 

鞆の浦は、『崖の上のポニョ』のロケ地でもあります。

 

玉木宏主演映画の『星籠の海』のドラマロケ地も福山になると思われますし、

広島にますます注目ですね!

 

『流星ワゴン』のエキストラを募集しています。

TBS ボランティアエキストラ募集情報はこちら

 

興味のある人は参加してみるのも楽しいかもしれませんね。

 

あらすじを見るだけでも、絶対、泣ける感動のドラマに

なると思います。

 

重松清・作の『とんび』もすごく良かったですし、

『流星ワゴン』にもとても期待しています。

 

追記:(2015年1月18日)

朋輩とは?

『流星ワゴン』で、一雄と忠雄は、

朋輩となります。

 

朋輩とは、家族同然の大事な親友という意味で、

本当に困った時に力になってくれる人のことです。

 

親子という垣根を越えて、同じくらいの立場にいる同志となるのです。

 

こちらもあわせて読みたい

 

Sponsored Link