Pocket

三菱テレビ REAL三菱テレビ「REAL」の障害の原因は?

3月28日0:00頃から正午ごろまで

三菱の液晶テレビ「REAL」シリーズが

突然真っ暗になり、

テレビの電源が突然入ったり再起動する症状が発生しました。

Sponsored Link

2010年以降に製造された約162万台

影響があった可能性があるそうです。

 

地上デジタルテレビは、メーカーなどが

デジタル放送の普及を進める団体(デジタル放送推進委員会)

を通して、放送の電波を使い、

ソフトウェアの更新を必要に応じて行っています。

 

これは、全ての地デジテレビが通常行っていて、

自社以外の情報は受けないようになっています。

 

が、三菱電機によると、今回三菱電機は情報更新を行っておらず、

他社が更新を行った際に、三菱電機のテレビが誤作動を

起こしたとみられています。

 

三菱電機の液晶テレビ受信障害に対する謝罪文はこちら⇒

 

三菱電機も自社のソフトウェアを更新していないのに、と、

まさかの障害だったのですね。

 

台数が台数ですから、対応も大変だったのではないでしょうか。

 

Sponsored Link

船井電機のテレビも同じ障害が発生していた!

また、同様の問題は、船井電機が製造しているテレビの

34製品でも同じ時間帯に不具合が起きていたようです。

 

三菱電機、船井電機共に、昨日正午ごろまでに

問題は解決しましたが、

詳しい原因については、現在も調査中だそうです。

 

三菱電機の謝罪文によると、特定放送データを

受信した際に障害が発生することから、

特定放送データの配信を変更したので、

障害が発生しなくなることを

確認しているそうですが。

 

テレビが見れないというのは、本当にストレスになりそうですし、

情報から遮断されるというのは、少し怖いですね。

 

こちらもあわせて読みたい

 

Sponsored Link