Pocket

アヴリルカナダのロック歌手の

アヴリル・ラヴィーン

ライム病であったことを打ち明けました。

 

ライム病とは一体どういう病気なのでしょうか?

 

Sponsored Link

アヴリル・ラヴィーンがライム病で闘病していた!

アヴリル・ラヴィーンがライム病で5か月間寝たきりで

闘病していたことを明かしました。

 

アヴリル・ラヴィーンは、長期間にわたり、

公の場に姿を見せていなかったことから、

体調についての憶測が飛び交っていました。

 

昨年、主にダニを媒介して感染するライム病と診断され、

その後5か月間寝たきりの状態で過ごしたといい、

「息ができないと感じた。話すことも、動くこともできなかった」

「死ぬかもしれないと思った」

「立っているのもやっとだったから、まる1週間、シャワーを浴びられない時もあった」

などと回想した。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150402-00000012-jij_afp-ent

 

アヴリル・ラヴィーンのかなり苦しそうな状態が伝わってきます。

 

母親や、夫であるロックバンド「ニッケルバック」のボーカルのチャド・クルーガー氏の

看病により、現在、病状は80%回復しているようで、

本当に良かったですね。

 

Sponsored Link

アヴリル・ラヴィーンが罹ったライム病とは?

アヴリル・ラヴィーンが患ったライム病とは

一体どんな病気なのでしょうか?

 

ライム病は、主にマダニを媒介として感染するようです。

 

1975年に、アメリカのコネチカット州ライムおよびオールドライムで

最初に確認されたことから、ライム病と呼ばれています。

 

北アメリカやヨーロッパ、日本で夏から初秋頃に

樹木の多い地域に発生することが多いようです。

 

病原体は、ボレリアは、螺旋状のスピロヘータで、

形状は、細長い糸状です。

 

病状は、慢性の全身性疾患として知られています。

 

マダニに刺されて数日から数週間かけ潜伏期があり、

菌が増殖し周囲の皮膚へ広がります。

 

病状の進行に伴い、刺されて部分を中心に遊走性紅斑(ゆうそうせいこうはん)が

現れます。(潜伏期)

 

無症状な人も約25%ほどいるそうです。

 

その後、インフルエンザのような悪寒・筋肉痛・発熱・倦怠感・頭痛・関節炎などの

症状が現れる場合もあります。(感染初期)

 

病原体が全身に拡散することにより、

神経症状(髄膜炎や、神経根炎(しんけいこんえん)など)、

関節炎、筋肉炎などが見られることがあります。(播種期)

 

感染から数か月~数年後に、播種期の症状に加え、

重い慢性関節炎、慢性萎縮性肢端皮膚炎、角膜炎などが見られるようになります。

(慢性期)

 

ライム病の治療方法は?

ライム病の治療方法は、病原体のボレリアが細菌のため、

抗生剤による治療方法が有効とされています。

 

服薬期間は、2~4週間ほどです。

 

マダニに刺されただけで発症しない場合は、

一般的に抗生剤などは使用しなくてもいいようです。

 

ライム病の予防は?

ライム病の予防は、とにかくマダニに刺されないことです。

 

野山を歩く時は、マダニに刺されないよう服装に注意しましょう。

  • ダニの付着がわかりやすい白っぽい服を着用しましょう。
  • 足首からふくらはぎにかけて露出しないよう、ズボンを着用し、ズボンの裾は靴下の中に入れましょう。
  • 帽子の着用も有効です。
  • スプレー式の防虫剤を使用しましょう。

 

もし万が一、マダニに刺されていたら、

自分で取り除かずに、皮膚科で取ってもらいましょう。

 

自分で取る際に、マダニの体が避けるなどすると、

病原体が感染する場合があります。

 

ライム病は、アヴリル・ラヴィーンが苦しんだように

とても辛いようですので、これからの時期、

野山に行くこともあるかと思いますが、くれぐれも気を付けたいですね。

 

こちらもあわせて読みたい

 

Sponsored Link