Pocket

夏至キャンドルナイト

明日2016年6月21日は”夏至”です。

 

冬至は柚子湯に入ったり、かぼちゃを食べるなどの

風習があり、有名ですが、夏至の”たしなみ”

ご存知ですか?

 

先人たちが営んできた

夏至の”たしなみ”を知って暑い夏を粋に乗り切りましょう。

 

Sponsored Link

夏至とは?

今年の夏至は、6月21日です。

「夏至」とは、太陽の高度が一年で一番高くなる日です。

 

そのため、もっとも日が長くなり、12月の冬至と比べると

太陽が出ている時間の差はおよそ5時間もあります。

 

たとえば、東京の夏至の日中の時間は、約14時間半

冬至は約9時間45分です。

 

こうして考えてみると、

かなり日中の時間が長いですよね。

 

Sponsored Link

夏至を日本人が知ったのはいつ?

そんな”夏至”を日本人が知ったのは、

今から4000年以上前の縄文時代と言われています。

 

そんな昔から夏至という認識があったのはスゴイですね!

 

青森県の三内丸山遺跡(さんないまるやまいせき)には、

三階建ての一軒家をゆうに超える櫓のような建物があり、

夏至の日は柱の間から、ちょうど太陽が昇るように設計されているそうです。

 

縄文人は太陽の位置を観測することで、

1年を把握し、日の長い「夏至」を特別な日と認識していたそうです。

 

夏至の風習は?

そんな夏至への思いは、弥生時代以降さらに強くなり、

夏至の日に合わせて田植えを行っていたそうです。

日が一番長い日であることから、

夏至は太陽の力が最大になる日と考えられていました。

 

そこで、夏至の日に田植えをすることで、

太陽の恵みに感謝し、良い収穫を祈願したそうです。

 

このたしなみは、弥生時代以降も受け継がれ、

江戸時代の夏至の頃を描いた浮世絵には、

雨の中、笠をかぶりながら田植えをする農民の姿が描かれています。

雨が降っても夏至の日に田植えをするという日本人の強いこだわりが描かれています。

 

また、夏至の日に太陽の恵みに感謝するという風習は、

お伊勢参りで身を清める場所として知られる

三重県の二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)

にも根付いています。

 

ここでは毎年「夏至」の日に、太陽が昇る前から海で体を清め、

日の出とともに日光を浴び、その恩恵を授かるという【夏至祭】が行われます。

しかも夏至の日は不思議と夫婦岩の間から太陽が昇ります。

 

昔の日本人はこのような神秘的な光景を望みながら、

太陽に感謝の気持ちを抱いていたのです。

 

夏至のたしなみ!

そして「夏に至る」という字の通り、

夏至を境に本格的な暑さが訪れます。

 

あじさい

暑さからくる夏バテや疫病の流行に備えるため、

アジサイを夏至の日に玄関に吊るします。

アジサイには、毒性の成分が含まれており、

古くから「邪気払い」の効果があると考えられていました。

 

夏至の日にアジサイを吊るすことで、

暑さからくる夏バテや疫病を寄せ付けず、

これから迎える夏を健康に過ごせるとしたのです。

 

アジサイ神社として親しまれる

兵庫県の若狭野天満神社(わかさのてんまんじんじゃ)では、

『魔除けあじさい守り』が販売され、

夏至を彩る風物詩として広く愛されています。

 

蛍狩り

そしてこのような夏至のたしなみが、

東京でも改めて注目されています。

 

平安時代の貴族が行っていた「夏至の夜」の定番イベント『蛍狩り』です。

 

1年で1番昼間が長いということは、夜が一番短いということで

「秋の夜長」に対して、夏至の夜のことを「短夜(みじかよ)」と言います。

 

平安時代では、夜に儚さを感じ、

蛍の儚い光と映し合わせて楽しんでいたそうです。

 

昼の長さを喜ぶだけでなく、夜の儚さを慈しむところに

日本人の粋な心を感じますね。

 

ちなみに蛍狩りは蛍を実際に狩るのではなく、

蛍の光を愛でることです。

 

平安時代、こんな和歌も残されています。

『もの思へば

沢の蛍も わが身より

あくがれいづる

魂かとぞ見る』(和泉式部)

 

意味 :

蛍の幻想的な光は恋人を思うあまりにうつろいた自分の魂ではないかと思う。

 

夏至の短夜を歌った歌は、清少納言をはじめ

他にもたくさんあります。

 

東京でも夏至にちなんだイベントが行われています。

東京の「渋谷区ふれあい植物センター」では、

11年前から毎年、夏至の時期になると、