Pocket

ura『マツコ&有吉の怒り新党』で漫画のような取組として

取り上げられ、注目を浴びた

宇良和輝がいよいよ角界に進出です!

 

身軽でスゴ技を持つ宇良和輝のプロフィールや、

居反りをはじめとした技の特徴などをまとめてみました。

 

Sponsored Link

宇良和輝が角界に進出!

『マツコ&有吉の怒り新党』で、宇良和輝のスゴ技を見て以来、

宇良和輝が心のどこかで気になっていました。

 

というのも、彼は本当にスゴイ相撲をする人なのですが、

教育学部にいることから、将来は先生になりたいということで、

相撲界には進まないようなことを言っていたので、

とても残念だな~、と思っていたのです。

 

宇良和輝が相撲に入ってくれれば、

相撲界ももっと活気づくのではないかな、と。

 

それが、先日、TVのニュースで宇良和輝が

木瀬部屋に入門するということを聞き、

(え?あの怒り新党に出てた人じゃない??)と、

驚き、嬉しく思いました。

 

やはり、番組で取り上げられて以降、

相撲界からか、周りの人からか、

相撲界に入った方がいいという猛プッシュでも

あったのでしょうか?

 

私がそばにいたら、絶対相撲入りを勧めそうです。

(余計なお世話ですね(^。^;))

 

そんな風に思ってしまうほど、今まで見たことがない相撲で

その才能を埋没させるにはあまりにも惜しい!と

思わせるほど、宇良和輝の相撲はスゴイのです。

 

Sponsored Link

宇良和輝のスゴ技の謎

3月場所は学校を卒業した学生が入門するため、

『就職場所』とも呼ばれているそうです。

 

宇良和輝は、アマチュア力士として活躍していて、

小柄ながら、昨年の全国相撲個人体重別選手権の無差別級では

3位になりました。

 

レスリングの経験もあり、バク宙もできるほど

身軽な動きが特徴です。

 

相手の懐に潜りこみ、後方に反って自分の背後に倒す

『居反り』という技を始め、アクロバティックな技を得意としており、

見ていて楽しくなる相撲を見せてくれます。

 

宇良和輝の『2013インカレ相撲競技 居反り』の動画を見る⇒

 

ちなみに、居反りは、1993年に智の花が決めて以来、

約20年間も出ていないという幻の技です。

 

大相撲だと体重差がかなりありそうですので、

上手く居反りを決めることができるか不安もありますが、

技は体得しているようですので、もっと体格を良くして

臨めば可能性も出てくるのではないでしょうか。

 

本人も、入門会見で

「1年目は体重を10キロ増やし、2年で関取が目標」

引用元:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/

と言っているように、基礎を作り、少しずつステップアップしていくことを

目標としているようです。

 

幻の技を、宇良和輝がいつか大相撲で披露してくれるのではないかと、

今からわくわくします。

 

ミヤネ屋では、『超アクロバット力士』として紹介されていました。

 

本人曰く居反りは、意識してやっているのではなく、

自然にやっているそうで、

相手の意表を突くようなことをしようと

居反りのような技が出てくるそうです。

 

しこ名は、まだ未定らしいですが、

本人は本名のままでいきたいと思っているそうです。

 

本名も変わっていて、覚えやすいので、

そのまましこ名というのもイイですよね。

 

宇良和輝のプロフィール

本名:宇良 和輝(うら かずき)

生年月日:1992年6月22日(22歳)

出身地:大阪府寝屋川市

身長:171cm

体重:107kg

最終学歴:関西学院大学 教育学部

 

『マツコ&有吉の怒り新党』でも、宇良和輝は先生になりたいということでしたが、

やはり幼稚園と小学校の教員免許を取得見込みだそうです。

 

レスリング経験あり・教員資格保有と、

少し異色なお相撲さんになりそうですね。

 

ちなみに、関西大学の相撲部創部125年で

初のプロ入りということです。

 

現在は、大学の寮で自炊をしているそうです。

 

大きな可能性と才能を持った宇良和輝の登場により、

春場所がより一層楽しみになりました。

 

こちらもあわせて読みたい

 

Sponsored Link