Pocket

ブラックカード gackt先日放送された『ぐるぐるナインティナイン』の

人気企画「グルメチキンレース ゴチになります!」で、

GACKTブラックカードを2枚

所有していることがわかりました

 

ブラックカードといえば『戦車も買える』と

聞いたことがあります。

私の周りではブラックカードを所有している人を

見たことも聞いたこともありません。

 

そんなブラックカードはどのような人が持っているのでしょうか?

発行資格や年会費など調べてみました。

 

Sponsored Link

ブラックカードとは?

ブラックカードは、もちろんブタックカード(by野郎ラーメン)

ではありません。( ◜◡◝ ;)

 

ブラックカードは、クレジットカードの最上位のカードで、

黒い色をしたものが多いため、ブラックカードと呼ばれています。

(黒ではない最上位のカードもあります)

 

ブラックカードを持っているということは、

カード会社に認められた、というある意味ステータスでもあるのです。

 

Sponsored Link

ブラックカードを持っている有名人は?

GACKTは、「VISAのトップのやつと、Masterのトップのやつ」と

番組内で言われていましたのでその2枚の

ブラックカードを保有しているようです。

 

GACKTがかなりお金持ちであるらしい?ことは、

GACKTの愛車が破損!GACKTはなぜお金持ち?

で触れましたが、ブラックカード、やっぱり持ってるんですね。

 

他にブラックカードを持っている芸能人↓の一部です。

 

神田うの

タモリ

熊川哲也

つんく

浜田雅功

小林幸子

叶姉妹

などなど。(順不同)

 

神田うのなどは、事業でも成功していますし、

当然のように持っているでしょうね。

 

やはり名の通った方々は持っているようです。

 

ブラックカードを発行するには?

ブラックカードは、簡単には発行されません。

自分から申し込むことはできないのです。

 

条件(カードの使用実績や年収など)に該当する人には、

カード会社からインビテーション(招待制)で案内が届きます。

 

必要な年収は、1000万円以上〜と言われていますが、

カード会社によっては、年収500万円でも発行された人もいるようですので、

年収というより保有資産残高これまでの支払い実績・信用などが

重視されているようです。

 

もちろん年収が高くても犯罪歴や問題がある人には

発行されません。

 

効率的にブラックカードを発行してもらうには?

ブラックカードへの近道は、

一般カード⇨ゴールドカード⇨プラチナカード⇨ブラックカード

よりも、自分で申請・取得できるゴールドカードから発行してもらい、

ゴールドカード⇨プラチナカード⇨ブラックカード

とする方が、近道であり、ブラックカードを所有できる確率も上がるそうです。

 

それでも発行までには数年以上かかります。

 

ブラックカード発行までには、もちろん返済遅延などあってはダメですし、

着々と信用を積み重ねなくてはいけないのです。

 

ブラックカードの年会費は?

ブラックカードの年会費は、数十万円はかかりますので、

普通はそうそうは持てないカードですね。

維持費だけで年収超えちゃいそうです。

 

ブラックカードの中でも比較的、年会費が安いのが、

JCBのザ・クラス(年会費:5万円+税)や、

楽天ブラックカード(年会費:3万円+税)です。

 

が、楽天ブラックカードは実質的には、

プラチナカードレベルだそうです。

 

でもブラックというカードの見た目と

楽天カードの中では最上位なので、

ブラックカードには変わりありませんよね。

 

ブラックカードを取得したい人は、

まずは楽天のゴールドカードにあたるクレジットカードの

『楽天プレミアムカード』(年会費1万円+税)から

発行してみてはいかがでしょうか?

楽天市場などをよく利用する方には、ポイントも貯まりやすいですし

オススメのカードです。

 

年会費数十万とかと比べると、かなりハードルが低く、

それでいて、ゴールドカードなので、ステータスもUP!

空港のラウンジも無料で使えますし、お得感も高いですね〜

 

私もいつか楽天のプレミアムカードだけでも発行してみたいです。^^

Sponsored Link