Pocket

環水平アーク
出典:matome.naver.jp

5月22日13:00頃、都心で

環水平アークという

大変珍しい現象が見られました。

 

環水平アークとは?

なぜ環水平アークが見られたのでしょうか?

 

 

Sponsored Link

環水平アークが出現!なぜ?

環水平アークは、都内だけでなく、東海・関東地方、香川県などで

見られたようです。

 

環水平アークとは

環水平アークとは、大気中の氷粒に

太陽光が屈折し、ほぼ水平に虹が見えるという

現象です。

 

水平弧、水平環と呼ばれることもあります。

 

「彩雲」と呼ばれることもあるようですが、

彩雲は、雲が太陽に彩られる現象なので、

異なる現象ということになります。

 

環水平アークは、大気中の水滴に光が屈折して見える

「虹」とも異なるものです。

 

本日、見られた環水平アークの上には、

虹色の光の輪「日暈(ひがさ)」も見られたようです。

 

環水平アークは、上空の氷の結晶の方向がほぼ揃った時に

太陽光の屈折で出来、低空に雲があると見えないなど、

かなり条件的に見るのが難しいようです。

 

今日は、そういった条件がたまたま揃ったのですねー。

私も見てみたかったです。

 

日本国内では、年に数十回ほど観測されているそうです。

条件的に見るのが難しそうですが、意外に現れているのですね。

今まで一度も見たことありませんが。(--;)

 

Sponsored Link

環水平アークは、地震の予兆?

環水平アークが見られたことで、

地震が起きるのでは、と一部で噂されており、

心配されている方もいるようです。

 

4月には、イルカの大量座礁などありましたし、

箱根山も活発化しているようで、心配なことが

色々ありますからね。

 

が、環水平アークは、地震雲ではありません。

 

前述のように、空気中の氷の粒に光が反射しているという

自然現象ですので、環水平アークが出現したから地震が起きる、

というわけではないようです。

 

環水平アークのネット上の反響

珍しく美しい空の芸術にネット上でも

素敵な写真がUPされています。

 


とーっても綺麗ですね。

 

こちらもあわせて読みたい