Pocket

涙美しいロングヘアが印象的だった

蓮佛美沙子がなんと髪を35cm以上も切って

民放連続ドラマの初主演を飾ります。

 

役に合わせてのショートカットのようですが、

意気込みが感じられますね。

 

蓮佛美沙子主演の【37.5℃の涙】というドラマは、

椎名チカ著の同名漫画のドラマ化です。

 

気になるあらすじやキャストなどをまとめました。

 

Sponsored Link

蓮佛美沙子が髪型をショートに!

蓮佛美沙子といえば、ロングヘアがトレードマーク的な

美しい方でしたが、役作りのためとはいえ、

35cm以上も髪を切ったとか。

髪型がショートでもやはり綺麗な人は綺麗ですよね。

 

今、ショートカットが流行っているようですし、

似合うので問題なしです。

比留川游のボブが可愛い!斎藤工とananで熱愛キス【画像】

 

ドラマでの役が病児保育士ということで

ショートカットにしたのでしょうね。

 

小さな子供に接する時は、髪を引っ張られたりすることがありますからね。

 

私も子供が赤ちゃんの時は、やはり髪を短くしていました。

ネックレスやピアスなども危ないので、つけられませんでしたし。

 

Sponsored Link

【37.5℃の涙】のキャストは?

【37.5℃の涙】のキャストは下記のようになっています。

 

杉崎桃子(元保育園勤務) : 蓮佛美沙子

朝比奈元春(桃子の上司) : 成宮寛貴

篠原健介(シングルファーザー) : 速水もこみち

柳主税(ちから)(マニュアル重視の上司) : 藤木直人(特別出演)

関めぐみ(先輩保育士) : 水野美紀

富美子(桃子の母) : 浅野温子

優樹(桃子の兄) :  水上剣星

 

他、美保純・トリンドル玲奈・滝沢沙織・西村和彦などの

キャストが華を添えます。

 

【37.5℃の涙】のネタバレあらすじは?

笑顔が苦手で保育園の先生の契約を打ち切られた杉崎桃子(蓮佛美沙子)は、

訪問型病児保育の「リトルスノー」で病児保育士として再出発をする。

 

子供の体温が37.5℃を越えると保育園からお迎えコールがかかり、

親は仕事中でも迎えに行かなくてはいけない。

 

職場を早退することに理解がない職場や、

家族にも理解されない親を救うのが病児保育士の存在である。

 

コミックでは、1話ずつ別の家庭に関わっていきます。

ドラマでもそのような形が取られるかもしれません。

 

母子家庭の母親や、

モンスターペアレントのような親がいたり、

夫の協力を得られない共働きの母親が子供の熱が続き追い詰められたり、

様々な事情を抱えて病児保育士の助けを借ります。

 

桃子は、子供を思うあまり、禁止事項である親に注意をしたり、

価値観の押し付けのような発言をしてしまったり。

 

桃子を暖かく支える上司の朝比奈元春(成宮寛貴)と、

リトルスノーの顧客であるシングルファーザーの篠原健介(速水もこみち)

との恋の三角関係も繰り広げられます。

 

病児保育士が取り上げられているドラマですので、

小さな子供がいながら働いている親が

どんなに大変かがわかるドラマになるのではないでしょうか。

 

また、子供を持つ親なら、見たら共感できることが

たくさんありそうです。

 

私も幼稚園の子がいながら働いていますので、

子供が病気になった時の大変さが本当にわかります。

 

幸いなことに理解のある職場で、

子供の病気の時などは休ませてもらえるのですが、

やはり突然お休みの連絡をするのは心苦しく思います。

 

病児保育士さんも、病気の子供を看なくてはいけないという

責任重大な大変なお仕事ですよね。

 

何かあった時、責任が問われますからね。

 

今まさに病児保育士は働く親に必要とされていますが、

まだまだ少ないと感じています。

 

私の住んでいるところで、病児保育士がいるという話は

聞いたことありませんし。

 

このドラマがきっかけとなって、

病児保育士がもっと認知されたり、

小さな子を持ちながら安心して働ける環境が少しでも整うと良いな、と思います。

 

蓮佛美沙子のプロフィール

本名:蓮佛 美沙子(れんぶつ みさこ)

愛称:蓮ちゃん

生年月日:1991年2月27日(24歳)

出身地:鳥取県鳥取市

身長:163cm

体重:kg

血液型:O型

靴のサイズ:cm

職業:女優

事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ

最終学歴:白百合女子大学文学部児童文化学科児童文学・文化専攻

趣味:読書、音楽鑑賞、絵画

特技:ピアノ

 

蓮佛美沙子は演技力が高く評価も高いですよね。

 

鳥取の希望の星ではないでしょうか。

 

大学で児童文学などに取り組んでおり、

将来、絵本作家としてデビューすることが夢なのだそうです。

 

芸能活動をしながら絵本作家デビューしている人もいますし、

蓮佛美沙子の絵本を見ることができる日も遠くないかもしれませんね。

 

児童文学などを学んだり、絵本を作りたいということは、

子供も好きなのでしょうね。

 

今回の【37.5℃の涙】では子供が出演するでしょうし、

楽しんで撮影できそうですね。

 

こちらもあわせて読みたい