Pocket

新しい洗濯記号洗濯記号が2016年12月1日から変更になるって

知ってましたか?

 

今までの洗濯記号は比較的、

パッと見て分かりやすいものとなっていました。

が、日本独自の洗濯記号だったようで、

世界標準に合わせるため、変更となるそうです。

 

その洗濯記号ですが、◯△□などが使用され、

考えてもわからない難しい記号となっているものもあり、

プチパニック状態です。

洗濯好きさんも初見では戸惑うような洗濯記号です。

 

が、基本の洗濯記号を事前に覚えておけば、

なんとかなりそうなので、

洗濯記号と意味をまとめてみました。

 

Sponsored Link

新しい洗濯記号は洗濯好きも戸惑う記号?

新しい「取り扱い表示」は、記号のデザインが変更になるだけでなく、

種類が増えます。

 

今まで洗濯記号を見て、少し考えれば

なんとなく意味がわかっていたりしましたが、

新しい洗濯記号は事前に意味をわかっていないと

誤った洗濯をしてしまいそうです。

 

今までの洗濯記号に慣れているのと、

新しい洗濯記号は考えても全くわかりませんので、

事前に学習?が必要です。

 

お洗濯好きさんも必ず戸惑ってしまうような

洗濯記号なのです。

 

私は洗濯時は必ず洗濯記号を見ているので、

かなり気になる話題です!

 

Sponsored Link

新しい洗濯記号とは?

基本的に、『5つの基本記号』『付加記号』『数字』

組み合わせています。

洗濯の基本記号

洗濯の付加記号

これらの組み合わせにより、今まで22種類だったものが、

41種類になり、より細やかな洗濯が可能となります。

 

下記の記号が基本となりますので、

これらを覚えておけば、洗濯時に困りませんね。

洗濯記号1洗濯機・手洗い可能。
数字は、洗濯液の上限温度。
洗濯記号2「ー」ありは、「ー」なしより弱く洗う。

「=」はより弱く洗う。
洗濯記号3「手洗い」をする。
洗濯液の上限温度は40℃
洗濯記号4家での洗濯はできません。
洗濯記号5塩素系漂白剤・酸素系漂白剤で漂白可能。
洗濯記号6酸素系漂白剤のみ使用可能。
洗濯記号7家でタンブル乾燥可能。
「・・」はヒーターを「強」などに設定。
「・」はヒーターを「弱」などに設定。
洗濯記号8吊り干しします。
洗濯記号9平干しします。
洗濯記号10斜線は屋根を表しているので陰干しの吊り干しです。
洗濯記号11アイロン可能。

「・・・」は、200℃(高温)

「・・」は、150℃(中温)

「・」は、110℃まで(低温)
洗濯記号12ドライクリーニング可能。
洗濯記号13ドライクリーニング不可

(出典:http://www.meti.go.jp/policy/economy/hyojun/kijyun/sentakupanf.pdf)

 

洗濯機可能の記号とか、「手洗い、だよね?」と

絶対思ってしまいますよね。

ドライクリーニングのマークも絶対わかりません。

 

「-」が増えるのもだんだん強くする、という

イメージですが、弱く、なんですね〜

 

ぱっと見ではわかりにくいですが、

覚えておくと逆に洗練された記号ですし、

わかりやすく感じるかもしれませんね。(´ . .̫ . `)

 

洗濯は毎日の生活に密着しているものですし、

大切な洋服はできるだけ長持ちさせたいので、

洗濯記号を覚えて大事に洗濯したいですね。

Sponsored Link