Pocket

ブルーボトルコーヒー
出店:www.fashion-press.net

ブルーボトルコーヒー

が2014年2月6日に、日本に初上陸しました!

 

焙煎にこだわるコーヒー業界の

新たなトレンドの代表格が、

ブルーボトルコーヒーなのです。

 

オープンした場所はどこか、

どういうところが既存のコーヒー店と異なるのか、

その特徴などをまとめました。

Sponsored Link

ブルーボトルコーヒーとは?

日本に初上陸したブルーボトルコーヒーの正式名称?は、

『ブルーボトルコーヒー清澄白河ロースタリー&カフェ』です。

 

ブルーボトルコーヒーは、コーヒー界のAppleとも称されています。

 

創業は2002年で、ツイッター創業者などの投資家から

数十億円の資金を集め、急成長しています。

 

ニューヨークのブルーボトルコーヒーでは、

平日の朝でも次々に人が訪れ混雑しているそうです。

 

アメリカ国内では、3都市圏で16店舗を展開しています。

 

Sponsored Link

ブルーボトルコーヒーが日本に初出店!

今回の東京オープンは、日本初出店というだけでなく、

海外初進出となるため、注目度が高くなっています。

 

オープン時間前から、長蛇の列ができ、

新しいコーヒー店に期待が寄せられました。

 

初日は2~3時間待った人もいたようです。

当分の間は、スゴイ行列でしょうね~。

 

まるで倉庫のような建物の店舗の外観ですが、

中は意外に広いようです。

 

店内には、コーヒーのいい香りが漂っているそうです。

 

グッズもあるようで、シンプルデザインですが、

欲しくなってしまう素敵なグッズです。

 

 

行ったら絶対グッズを買ってしまうと思います。

 

ブルーボトルコーヒーの場所は?

ブルーボトルコーヒーは、東京都江東区に

オープンしました。

 

住所 : 〒135-0023 東京都江東区平野1丁目4−8

営業時間 : 8:00~19:00

最寄駅 :

東京メトロ半蔵門線 清澄白河駅から徒歩7分
都営大江戸線 清澄白河駅から徒歩8分
都営大江戸線 門前仲町駅から徒歩10分
東京メトロ東西線 門前仲町駅から徒歩10分
東京メトロ東西線 木場駅から徒歩14分

引用元:http://coffee-spot.info/

 

3月7日には、青山に2号店がオープンします。

<青山カフェ>

東京都港区南青山3-13-14
営業時間10:00〜21:00(予定)

引用元:http://gqjapan.jp/

 

また、今春中には、3号店となる代官山店が

オープン予定となっています。

 

『LOG ROAD DAIKANYAMA』(ログロード代官山)

という建物の中の、

TARTINE BAKERY & CAFE(タルティーン・ベーカリー&カフェ)

というサンフランシスコで人気のベーカリー内に

コーヒースタンドとしてオープンするようです。

 

店舗が増えると、行きやすくなりますね。

 

ブルーボトルコーヒーの特徴は?

ブルーボトルコーヒーの店舗内のカウンター奥の

大きな銀色の機械がコーヒー豆の焙煎機で、

コーヒー豆を生の状態で搬入し、

店舗内で焙煎しているのが、大きな特徴です。

 

従来のコーヒーチェーンの多くは、

焙煎所とカフェは遠くに離れていて、

焙煎所で炒ったコーヒー豆を運ぶのに、

時間がかかるそうです。

 

ブルーボトルコーヒーの場合は、焙煎所とカフェが

すぐ近くにあるため、炒ったコーヒー豆を新鮮な状態で

使用、販売できるということです。

 

1杯550円~のドリップコーヒーの味は、

飲み口は軽く飲みやすいが、酸味がしっかり効いているそうです。

 

本国アメリカから来たバリスタが、

ブルーボトルコーヒーで働くバリスタに

指導を行い、

また、品質管理責任者が、アメリカから日本に移り住み、

味の管理を徹底しているそうです。

 

ジェームス・フリーマン社長は、

「焙煎したての新鮮で風味あるコーヒーを

提供することが私たちの強い信念です」

とこだわりを語っています。

 

 

こちらもあわせて読みたい

 

Sponsored Link