Pocket

マシュマロ今、巷ではマシュマロが密かに(?)

人気のようです。

 

マシュマロってあまり自分から購入して

食べるという意識がなかったのですが、

実はマシュマロ人気がスゴイのです。

 

マシュマロは意外にいろいろな食べ方があるらしく、

フローズンスモアというのが、とても美味しそうなのです。

見ていると食べたくなってきました。

 

マシュマロについていろいろ調べてみました。

Sponsored Link

マシュマロとは?

マシュマロは、白くてふわふわで

食べるとシュワシュワーっと口の中で溶けていく

少し不思議な食感の食べ物ですよね。

 

マシュマロは、何で出来てるのかな?と思い、

調べてみたことがあります。

 

マシュマロは、卵の白身を泡立てたメレンゲというものに、

シロップを混ぜ、ゼラチンで固め、くっつかないように

デンプンなどの粉をまぶしたものだそうです。

 

もともとは、古代エジプトの王族が、ウスベニタチアオイの根をすりつぶして、

喉の薬にしていたようで、ウスベニタチアオイの英語名である

marsh mallowが、マシュマロの名前になったようです。

 

日本では、1892年に風月堂が日本で初めてマシュマロを

作りました。

販売時には、『真珠麿(ましゅまろ)』という漢字が当てられたそうです。

 

量産品では、メレンゲが使用されていない物が多いようです。

 

ちなみに、うちの子はマシュマロが好きなのですが、

可愛いし美味しいから好きなのだそうです。

 

確かにマシュマロって可愛いですよね。

カラフルなものもありますし。

 

Sponsored Link

フローズンスモアが表参道に!

フローズンスモアは、ニューヨークで今、話題のスイーツです。

 

焼いたマシュマロをチョコレートと一緒にクラッカーで挟むスモアという

デザートを工夫したもので、

チョコレートやアイスクリームなどをマシュマロで包み、

マシュマロを焼いた新しいデザートのことです。

フローズンスモア
出典:magazine.campus-web.jp

外側のマシュマロを焼くと、パリッふわっとした食感になり、

中のアイスは溶けていなくて冷たいままという

不思議なスイーツです。

 

このフローズンスモアを生み出したドミニク・アンセル・ベーカリーが、

2015年に東京・表参道に進出予定です。

 

開店前後は話題になるのではないでしょうか。

 

表参道、いろいろ行きたい新ショップがいっぱいです~。

 

マシュマロが猫になった!

なんとマシュマロが猫になりました。

 

マシュマロ専門店「やわはだ」が、とっても可愛い猫の肉球マシュマロや

コーヒーから顔をのぞかせる猫など、

とっても可愛い猫モチーフのマシュマロを作り出しました。

 


フェリシモからは、「ニャシュマロ」という、

まさに猫のマシュマロが販売されています。

ニャシュマロ
出典:ceron.jp

 

こちらも人気のようで、現在の購入は5月発送分になっています。

 

フェリシモの「ニャシュマロ」の購入はこちら⇒

 

こちらは、猫に引っ掻かれた傷を可愛く隠す「にゃんそうこう」と同じく、

販売価格の一部がフェリシモ猫基金となるため、

猫を愛する人には2重に嬉しいですね。

 

『にゃんそうこう』が可愛すぎて猫好きノックアウト!価格は?用途は?

 

マシュマロ特有の柔らかな触感(食感も?)を生かし、

可愛い猫にアレンジするなんてすごい発想ですね。

 

猫とマシュマロという組み合わせがなんとも

マッチしているのが素敵です。

 

マシュマロの色々な食べ方

マシュマロは、私も子供もいつもそのままモグモグ食べていましたが、

実はいろいろな食べ方があるようなのです。

 

マシュマロを食パンの上に並べてトーストし、

チョコレートソースを掛けて食べる、

コーヒー・ココア・紅茶などにマシュマロを浮かべて飲むという

簡単レシピから、フローズンスモアを手作りするという方も現れています。

 

なんちゃってフローズンスモアの作り方⇒ 

 

牛乳とマシュマロで簡単にアイスができるそうです。

ミルキーのような味だとか。

これは試してみたいです。

 

マシュマロアイスの作り方⇒

 

マシュマロって、いろいろな食べ方があるのですね~。

 

3月14日のホワイトデーには、バレンタインデーのお返しとして、

クッキーやマシュマロを贈るという習慣があるようですので、

変わったマシュマロを贈ってみるのもいいかもしれませんね。

 

こちらもあわせて読みたい

 

Sponsored Link