Pocket

山下智久 アルジャーノンに花束を2015年4月の毎週金曜日22:00~

スタートのTBS系ドラマ『アルジャーノンに花束を』

山下智久が主演することがわかりました。

 

気になるキャストやネタバレあらすじやロケ地などを

まとめてみました。

Sponsored Link

『アルジャーノンに花束を』とは?

『アルジャーノンに花束を』といえば、

ダニエル・キイスによる世界中で愛されている名作ですね。

 

ダニエル・キイスは、アメリカの作家で

残念ながら、2014年6月15日に亡くなられています。

 

『アルジャーノンに花束を』は、1959年に中編小説として発表され、

ヒューゴー賞を受賞し、1966年に長編小説として改作され、

ネビュラ賞を受賞しました。

 

この作品でダニエル・キイスは注目を浴びるようになり、

海外でも日本でも映画やドラマ、舞台と映像化されています。

 

2002年には、ユースケ・サンタマリアがハルという主役を務め、

全11回の放送で、平均視聴率11.1%というドラマが放送されました。

 

脚本は岡田惠和、ハルのクラスの担任役に菅野美穂と、

私の大好きなドラマ『イグアナの娘』のメンバーが集結していました。

 

Sponsored Link

山下智久主演『アルジャーノンに花束を』のあらすじは?

山下智久演じる白鳥咲人以外の役名がまだ不明ですので、

小説版の登場人物名でネタバレあらすじを書いていこうと思います。

 

結末も書いていますので、知りたくない人は見ないようにしてくださいね。

 

精神遅滞のチャーリーは、大きな体に子供の心を持ち、

無邪気で明るく人を疑うことを知らない青年だった。

 

が、妹に性的な乱暴をしたと誤解されたチャーリーは、

母親に見捨てられていた。

 

引き取ってくれた叔父のパン屋で働きながら、

精神遅滞者専門の学習クラスに通っていたが、

ある日、クラスに携わっていた大学教授から脳の手術を勧められる。

 

ハツカネズミのアルジャーノンは、その手術によって

驚くべき思考と知能を持つようになっていた事を知った

チャーリーは、手術を受け、IQ185まで知能が発達し、

超天才になっていく。

 

あらゆる事がわかってくるようになると、自分が母に見捨てられたことや、

友達と思っていた人々が実は自分を見下していたことなどが

わかるようになる。

 

また、一般の人より高い知能を得たチャーリーは、

知識を得る楽しみを知るが、

その高い知能と性格のバランスが取れず、

過剰な正義感や自尊心が高まり、

次第に人を見下すようになっていく。

 

そんなチャーリーから、周囲の人が遠ざかっていく中、

未整理の記憶の渦に悩まされ、

手術前には感じたことのない孤独感や苦悩を感じるようになる。

 

ある日、チャーリーは、アルジャーノンに異変が起こっていることに気付く。

アルジャーノンを調べて行くうち、自分が受けた手術には、

大きな欠陥があったことが判明する。

 

手術は、一時的に知能を高めるが、性格の発達が追い付かず、

社会性が失われ、また、知能はピークを迎えると衰退していき、

元の知能よりも下降していくものだった。

 

チャーリーは、知能の退行を防ぐ術を模索するが、

チャーリー自身の知能の退行を止めることはできず、

元の知能以下となっていく。

 

パン屋にも戻れないほどの知能の退行に、

チャーリーは自ら障害者の収容施設に赴く。

 

また、アルジャーノンは、正気を失い命が尽きてしまう。

 

チャーリーは、大学教授にあてた手紙で、

「どーかついでがあったらうらにわの

アルジャーノンのおはかに花束をそなえてやてください。」

と締めくくる。

 

山下智久版では、パン屋ではなく花の配送センターで働くようです。

ママが好きになってくれるお利口になりたいと思っていた白鳥咲人は、

「脳生理科学研究センター」で、蜂須賀教授の手術を受け、

天才へと変貌していきます。

 

とても複雑な物語で、何が本当に幸せなのか?

知能とは?と考えさせられます。

 

知能が発達する前は純粋無垢でいつでも楽しかった生活が、

知能を得て、人を欺いたり蔑んだりすることも覚え、

人生はただ楽しいだけじゃない、と知る。

 

ある意味、幼児から大人になり老人になる、

という、人の一生を表現しているとも思えます。

 

また、知能の高低で幸せ・幸せでないと決めることはできない、

と心に深く響く、とても考えさせられる名作ですね。

 

山下智久主演『アルジャーノンに花束を』のキャストは?

白鳥咲人 : 山下智久

 

窪田正孝・前田公輝が山下智久と撮影しているところを目撃されていますので、

『アルジャーノンに花束を』に一緒に出演するものと思われます。

 

他キャストはまだ未発表です。

わかり次第、追記していきたいと思います。

 

山下智久は、この役について、

下記のように語っています。

 

「この役は相当チャレンジですね。

初めての経験なので、いろいろ勉強させてもらっていますが、

まだまだ見えない部分もたくさんあるので、

なるべくそれをなくしていきたいと思っています」

引用元:http://www.cinematoday.jp/

 

脚本監修が野島伸司ということですので、

どのように色づけされるのか、

どんな『アルジャーノンに花束を』になるのか

とても興味深いです。

 

山下智久主演『アルジャーノンに花束を』のロケ地は?

池袋や渋谷、東急東横線の綱島駅付近の鶴見川土手

(神奈川県横浜市港北区あたり)で

撮影していたことが目撃されています。

 

山下智久のプロフィール

本名:山下 智久(やました ともひさ)

愛称:山P(やまぴー)

生年月日:1985年4月9日(29歳)

出身地:千葉県

身長:174cm

血液型:A型

職業:俳優・歌手

事務所:ジャニーズ事務所

最終学歴:明治大学商学部卒業

 

山Pという愛称は、滝沢秀明が付けたものだそうです。

 

小松菜奈と共演した『近キョリ恋愛』では、

ツンデレ教師を好演していましたが、

今回の難しい役どころをどのように演じていくのか、

今から楽しみです。

 

追記:(2015年2月9日)

『アルジャーノンに花束を』のボランティアエキストラを募集しています。

 

『アルジャーノンに花束を』のボランティアエキストラの情報⇒

 

練馬区や都内、越谷などで撮影するようですので、

お時間のある方は、参加してみると放送がより楽しみになりますね。(^-^)

 

追記:(2015年4月1日)

『アルジャーノンに花束を』の追加キャスト

  • 望月遥香 – 栗山千明
  • 柳川隆一 – 窪田正孝
  • 檜山康介 – 工藤阿須加
  • 小久保一茂 – 菊池風磨
  • 河口梨央 – 谷村美月
  • 小出舞 – 大政絢
  • 杉野史郎 – 河相我聞
  • 白鳥久人 – いしだ壱成
  • 白鳥窓花 – 草刈民代
  • 河口玲二 – 中原丈雄(特別出演)
  • 竹部順一郎 – 萩原聖人
  • 蜂須賀大吾 – 石丸幹二

引用元:wikipedia

 

個性豊かな面々でどのようなドラマになっていくのか

楽しみですね。

 

こちらもあわせて読みたい